2024年05月

2024年05月31日

🐻小樽~長万部方面の後志自動車道今後の計画❕


🐻✋北海道開発局は2023年度の予算を発表。その中で、小樽と長万部方面をむすぶ高規格道路「後志自動車道」のうち、まだ事業化していない倶知安~蘭越について、概略ルートと構造の検討を行っていくとしています。

afa6fc26
large_s_(1)
後志自動車道


後志道は小樽市街地手前の小樽JCTから分岐し、余市・仁木・共和を経て倶知安へ至る62.4kmの高規格道路です。

まず2018年に小樽から余市迄が開通、そこから共和迄の27・6km、さらに倶知安迄の11・5kmが既に事業化し進められています。

その中で余市~仁木の3・3kmは2024年度に開通予定と発表されています。

南側では道央道の黒松内JCT~黒松内ICの5・1kmが道央道の「黒松内新道」だけが先行開通しています。

開通していますが、北海道新幹線の開通に伴い、長万部~倶知安~小樽間で廃止が決定しています。

倶知安~黒松内はもともと「当面現道を活用する区間」とされていましたが、事業の進展を受け、2021年度からついに倶知安~蘭越について、計画段階評価をすすめていくリストに挙げられました。



さらに倶知安からニセコ・蘭越を経て黒松内で道央道に接続する構想もありますが、まだルートを確定し事業化するには至っていません。


さて、「倶知安余市道路」の工事は現在、大部分で準備工が進んでいるほか、橋脚や橋桁も見えてきています。

長さ約3800mの新稲穂トンネルは上り線がほぼ完成。下り線も工事に入りつつあります。

後志(しりべし)地方の中心地である倶知安町は近年リゾート開発が進み、ニセコや羊蹄山などの観光地の拠点ともなっています。

そこへ新千歳空港や札幌市外から高速道路で直結することで、より多くの観光客を受け入れる基盤となることが期待されています。

北海道開発局の試算では、新千歳空港から倶知安へは2時間未満、札幌からは90分とされ、最大20分近い短縮が図られます。


記事の一部引用:乗り物ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
sintomi1 at 16:51|Permalink│Comments(0)│小樽 

定例

🐻✋


記事ありがとうございます、すごく嬉しいです!!
事務所契約は実は昨年12月からです!
公にしたのが1月でした、実はもう入ってました笑

3/19が次回ライブになりまして、実はトリを飾ることが決まってます。
和楽曲の構成にするのと、彼岸花の衣装で出るので、よかったら文字数大丈夫なら載せてみてください✨

あとは、8/17(土)に2nd主催を中目黒SPARK JOYで行うのと、もう間も無くですが、ちょうど更新する日にオフィシャルファンコミュニティが発足されますので、リンク掲載してくださるととても嬉しいです!


大変お手数かと存じますが、ご確認の程よろしくお願いいたします🙇‍♀️

①『アクアマリンプラン』1000円(月)

■コミュニティ限定ブログ(テキストのみ)

■コミュニティ限定ラジオ(月1回)

※音声データでのお届けとなります。

■メッセージ動画(月1回・全員共通)

・動画で近況をお知らせします。

■デジタル会員証のご送付・画像データでのお渡しとなります

■お誕生日メッセージ(年1回・全員共通)

・お誕生月にお祝いのメッセージをお届けします。

※動画データでのお渡しとなります。

②『エメラルドプラン』3000円(月)

<アクアマリンプランの内容>+

■オフショットフォト(月1回)・Megumiのプライベートや活動の裏側を写真でお届けします。

■クリスマスカードのご送付(毎年12月)※12月1日時点で当プランに参加いただいている方が履行対象となります。

■限定ラジオへの質問や投稿

・コミュニティページで投稿をお受けいたします。

③『サファイアプラン』5000円(月)

<アクアマリンプランの内容>+

■オフショットフォト(月1回)・Megumiのプライベートや活動の裏側を写真でお届けします。

■クリスマスカードのご送付(毎年12月)※12月1日時点で当プランに参加いただいている方が履行対象となります。

■限定ラジオへの質問や投稿・コミュニティページで投稿をお受けいたします。

④『オパールプラン』10000円(限定3名)

★Megumiの活動を深くバックアップしていきたいという方向けのプランです。

<サファイアプランの内容>+

■お誕生月に1日メッセージ解放・お誕生月の中で1日を指定していただき、その日は一日中Megumiとメッセージのやり取りができます。

■プレミアムスマホ壁紙送付・毎年7月(夏ver)と12月(冬ver)にオリジナルスマホ壁紙を画像データにてお届けします。

■デジタル年間カレンダー送付・11月末に画像データにてオリジナル年間カレンダーをお届けします。

■バレンタイン企画、サイン入りチェキ送付(毎年2月)※2月1日時点で当プランに参加いただいている方が履行対象となります。※2025年より実施いたします。


ありがとうございます!
うちの事務所が17LIVEを推していて、17をメインで活動しております。
こちらも無料で観覧でき、ツイキャスと同じイメージです。


ツイキャス以前やっていたのですが、17に切り替えた為やめました。
ラジオは、WAVEという無料観覧アプリでも木曜21:00〜22:00固定の、「私立fairy tale学園!!)を行う予定です。(もう少しだけ始めてます。看板番組みたいな感じです。)


有料ラジオは、ファンコミュニティの方だけのものなので、ご入会希望あれば、ご入会していただいた方だけにQ &Aやお便りもある特別ラジオを行います。


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
sintomi1 at 10:15|Permalink│Comments(0)

2024年05月29日

月の質問







このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
sintomi1 at 23:16|Permalink│Comments(0)

🐻バス転換

🐻✋








このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
sintomi1 at 20:37|Permalink│Comments(0)

🐻JR北海道が新型通勤形車両導入を計画❕

🐻✋JR北海道は2023年12月、道央圏(小樽・当別~滝川、苫小牧)に投入する通勤形車両の一般競争入札の予定を公表。75両の通勤形車両を導入する方針を明らかにしました。

同社によると、この新車両は1988年に登場した721系を代替する車両になるといいます。

721系には、他の札幌都市圏の通勤形電車にはない車内設備がありますが、それが見納めになるかもしれません。 
0d86d7f2b4b64888f96f701932beccc3
721ç³»

北海道ならでは!これが消える「名物設備」です。

 ä»Šå›žæŠ•å…¥ã™ã‚‹ã“とが明らかになったのは、「道央圏通勤形交流電車6両固定編成」が36両、「道央圏通勤形交流電車」が39両の計75両。

6両固定編成の36両に関しては、車両の仕様書案などの提出を求める意見招請が公示されています。

今後、一般競争入札で車両製造会社を決定する見込みです。 

また、今回投入されることが明らかになった75両とは別に、6両固定編成の新車42両を川崎車両が2022年に落札しています。

こちらは既に製造に向けた動きが本格化しているとみられ、道央・札幌都市圏には合計で100両以上の新車が投入されることになります。

 ç¾åœ¨ã€é“央・札幌都市圏には、2012年から733系が導入されています。

今後導入される新車は既存の733系の増備になるのか、それとも新形式に切り替わるのかは…鉄道利用者や鉄道ファンにとっては気になるところです。 

JR北海道によると、2023年12月に投入することを明らかにした75両については「これから一般競争入札を行うため、形式に関しては現時点では未定です」とのこと。

また、川崎車両が既に落札した42両についても、車両の形式については現時点で回答できないとしています。 

“フツーの電車”になっちゃう!? 置き換え対象となる721系は、札幌圏の通勤形電車では唯一の転換クロスシートを備えています。

北海道の寒さに対応するため、通勤形であるにも関わらず、特急車両でよく見られるデッキを設けていることも特徴です。 

731系や733系など、721系より後に登場した車両は、ドア付近に外気を防ぐエアカーテンが装備されたため、デッキは廃止。座席もクロスシートではなくロングシートになっています。

1d99757a
733系(快速指定席以外全てロングシート)

 721系の代替車両が全てロングシートで製造されれば、道央圏の通勤型電車からクロスシートが消えることになります。

JR北海道は「座席の形態など、車内設備に関しては利用状況を鑑みながら検討していきます」としており、札幌都市圏を完全にロングシート化するかどうかは決まっていないとしています。



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
sintomi1 at 20:06|Permalink│Comments(0)│小樽 | åŒ—海道内