🐻訪問者数60.000人達成❕❕│🐻小樽市新年度予算案❕『人口減少・少子化対策❕、子育て支援を優先❕❕』【財源不足は15億5000万円❕】

2020年03月09日

🐻北海道での新型コロナ感染の状況と影響❕❕

🐻✋今回は北海道での新型コロナ感染の状況と影響をご紹介します。IMG01648(1)

🐻北海道庁赤レンガ庁舎

【🐻北海道での新型コロナ感染者数が『101』人に❕❕】

新型コロナウイルスの感染が拡大し緊急事態宣言中の北海道は3月8日、新たな感染例が3人確認されたと発表しました。

これにより道内の感染例は101人となりました。

感染が確認されたのは、以下の通りです。

北海道内99例目…岩見沢市の60代無職男性

道内100例目…岩見沢市の70代無職女性 (99例目の男性との濃厚接触者)

道内101例目…旭川市の70代男性


【🐻安部首相は…マスクを北海道へ配布❗を指示…】
20200301-00000059-mai-000-2-view

新型コロナウイルス感染拡大を受け、北海道北見市と中富良野町で3月5日、国が業者から買い取ったマスクの配達が始まりました。

北見郵便局や富良野郵便局などが数日かけて各家庭に配ります。

マスクが入った袋は、積極的な着用を呼びかける文言や問い合わせ先を書いたラベルが貼られ、両自治体の郵便局に届けられた。8日ごろまでの配達完了を目指すが、6日にかけて大雪の予報が出ているため、天候次第では前後する可能性もある。

厚生労働省によると、2自治体の世帯数は計約6万4千。約40枚ずつ配布する予定で、初回は7枚とし、残りは確保でき次第届ける。


【🐻新型コロナ保健適用❗】

新型コロナウイルスの感染の有無を調べるPCR 検査は3月6日から、『公的医療保険』の適用対象となりました。

北海道内は北海道と委託先の病院の調整が間に合わず、今週末以降に適用されます。IMG03679-1~2

厚生労働省によると、北海道外の殆んどの自治体は保険適用前と同様、検査を希望する患者は保健所が窓口になって病院を割り振るが、北海道は『保険適用❗の検査』に対応できる病院を公表して、直接受診が出きる形を認める方針です。

専門家は『病院名の公表❗で特定の医療機関に患者が集中して混乱する恐れが有り、対策を急ぐ必要がある』と指摘しています。

【🐻小樽でもPCR 検査を月内にも開始❗】 

第1回定例小樽市議会は3月4日予算特別委員会を開きました。

現在は道立衛生研究所(札幌)で行っている新型コロナウイルスを検出する為のPCR 検査について小樽市保健所は『保健所内で検査できるように準備を進めている』と述べ、早ければ今月中旬にも小樽で検査を始められるとの見通しを示しました。IMG01554

🐻PCR 検査が今月中にできる小樽市保健所

小樽市保健所によると2月中旬、国から『保健所で検査を行う場合は検査の試薬を提供する』と連絡が有り、導入を決めました。

1日最大5件を検査できる見込みで、感染の疑いが強い患者を優先して検査する方針です。

小樽市保健所には既にPCR 検査の機器が有り、臨床検査技師3人が担当します。

技師は4日と5日に道立衛生研究所で研修して、同保健所の機器を使って試験を重ねて、検出精度が高まったと判断した段階で開始時期を決めます。

また小樽市保健所は3月6日…同ウイルスに関する帰国者・接触者相談センターへの相談について、2月25日時点では236件だったが、3月5日の時点で639件に上がったと報告しました。

これまで小樽市保健所を通じて道立衛生研究所でPCR検査を受けた人は13件で全て陰性(確認されていない)と説明しました。

小樽管内では発症者がまだ発生していないが患者発生に備えて、管内で感染症指定医療機関は小樽市立病院の倶知安厚生病院の計4床だが、2月末から小樽市立病院の結核病床(4床)の一部も受け入れを可能にしました。img_4_m-1(4)

🐻感染症指定医療機関になっている小樽市立病院

IMG03678~2-1
IMG03474~2-1


【🐻小樽管内の現状と影響❕❕】

新型感染拡大防止策として鈴木直道北海道知事が緊急事態宣言を出して外出自粛を要請してから9日で1週間が過ぎました。

外国人観光客の減少に加えて、北海道内外客や地元客の動きも止まり、小樽(後志)管内各地の経済に深刻な影響が出始めました。

小樽管内では8日時点で感染者は確認されていないが、終息が見通せない中で、各自治体も対応に苦しんでいます。IMG01198

小樽~札幌間の高速バスやJRも普段の半分以下の乗車数で、普段は観光客で盛り上がる小樽駅や小樽バスターミナルも感染自粛要請が出てからは殆んど観光客がいない状態です。IMG01516-1

観光客がいない小樽の街は『小樽の経済が持ちこたえなくなる』…と小樽観光協会も絶句してました。

同観光協会が運営している観光案内所3ヶ所の利用者数は前週末と比べ約58%減少と大幅に落ち込みました。IMG03688~2-1

観光名所の小樽オルゴール堂や北一硝子等が有る堺町通りに近い観光バス駐車場の利用も減少しています。

例年1日平均で約130台が駐車しているが、最近は1桁の台数しか駐車していないです。IMG03682_Burst01-1~2

小樽天狗山ロープウェ―も前週末の利用者は前年比7割も減少です。運営している中央バス観光開発(本社小樽)は、『ロープウェーも山頂レストランの収益が減り痛手です』と悲鳴を上げてました。

小樽市内のホテルでもビュッフェ形式の食事提供を取り止める動きが広がっています。

ホテル関係者によると、ビュッフェは1度に大量の料理を作る為シェフが少なくて済む上、配膳や盛り付けの手間が省けて人手を減らせる利点が有ります。IMG03243

オーセントホテル小樽(稲穂2)は3月1日から11階のレストランで提供する宿泊者向けの朝食をビュッフェ形式から洋食メニューに切り替えました。期間は未定で、担当者は『3月いっぱいか❔4月迄か❔終息する迄は続けるが、何とも…』と弱り顔でした。IMG03312

ホテルノルド小樽(色内1)も朝食ビュッフェを3日から休止して、モーニングセットを始めたとHP で発表しました。

またホテルノイシュロス小樽(祝津3)は5日から、グランドパーク小樽(築港)は6日からビュッフェを休止しました。期間は未定との事です。

これらの動きについて、有るホテルの担当者は『本当に感染拡大を防ぐ効果が有るのだろうか?』と話してました。

小樽市は3月3日、新型感染拡大による小樽市内経済への影響調査の結果をまとめました。

小樽市内のホテル・旅館10施設の予約キャンセル数は2月末迄に計5699室に上がったことを明らかにしました。

小樽市は『深刻な状況』として、宿泊施設の他飲食業等の影響を受けた事業所に対して、国の資金繰り支援制度等の活用を呼び掛けています。

調査は聞き取りで行い、新型肺炎問題が深刻化した1月下旬から2月27日迄の累計をまとめました。

ホテル・旅館の予約キャンセル数は1月30日時点では10施設計1886室となっており、2月も続いたことが分かりました。

小樽市内のホテル担当者は『前年同期より客数は半減している』と話しました。

3月に入り大幅値引き等の集客策を打ち出しだが、『需要そのものが落ち込んでいるので何をしても殆んど効果がない』といいます。

終息の見通しが立たず、風評被害の長期化も懸念される為『2018年9月の胆振地震と比べて影響は深刻』とみています。

蘭越町営の温泉宿泊施設『幽泉閣』は宣言後、北海道内客を含む予約キャンセルが延べ220人分になります。

外出自粛とみられ、町は『大打撃』と話してました。

黒松内町の『道の駅くろまつない』も先週末の来場者は1日平均約200と例年より50~100人減少しました。

余市町の老舗ホテル水明閣は3月の宴会がほぼ取り消されました。

小樽市は…併せて小樽市中心部の12商店街・市場への聞き取りも実施しました。

『外国人観光客が大きく減り、地元客も外出を控える傾向がみられる。』『影響が長期化すると閉店する店が出てくる。』と危惧しているの声が上がりました。

この他、小樽市内製造業30社にも景況感を聞いてました。

『影響は今のところ不透明だが、今後出てくると思う』(食品・水産加工業)等中長期的な売上げの減少が懸念する回答が目立ちました。

小樽市は市役所別館(花園2)の『産業振興課』に相談窓口を設置させて、経済産業省の中小企業向け資金繰り支援『セーフティネット保証』等の国の支援策や、小樽市独自の融資の活用を呼び掛ける方針です。

同課は『引き続き状況を把握して対策を講じていきたい』としています。

小樽市は、11日にも金融機関と対応策を練ります。

(記事一部引用:北海道新聞)

IMG02144



《🐻北海道人気ブログランキング❕と北海道にほんブログ村❕に参加しています🎵良ければ👍クリックをお願いします🙇⤵》


北海道人気ブログランキング


にほんブログ村 にほんブログ村へ

北海道にほんブログ村

(🐶ぶん公🎵にクリック👍をお願いします🙇⤵)



《🐻御覧頂きありがとうございます🎵🐻➡🙇⤵》





sintomi1 at 04:55│Comments(0)│北海道内 | å°æ¨½

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
🐻訪問者数60.000人達成❕❕│🐻小樽市新年度予算案❕『人口減少・少子化対策❕、子育て支援を優先❕❕』【財源不足は15億5000万円❕】