🐻北海道内と北海道外の移動自粛を解除❕北海道内のイベント等も1000人以下迄緩和❕❕│🐻音楽文化を守らなければ❗…北海道内のライブ会場❕【若手の育成は必要】&メジャーアーティストの現状❕

2020年06月19日

🐻小樽市の合同墓地❕2倍に拡張❕❕【想定以上の申込に対応❕】

🐻✋小樽市は本年度、複数の遺骨を一緒に埋葬する『合同墓』の埋葬できる数を従来の2倍の《6000》体に拡張します。

IMG04890
IMG04891
小樽市内(小樽港・築港地区)

小樽市は2012年に合同墓を設置しましたが、想定を上回るペースで申込が続き、2019年度末には2500体以上を埋葬し、2020年度には全て埋まる可能性が出てきた為、小樽市は少子高齢化等で墓の維持管理が困難な世帯が増えていると見られます。IMG07201~2-1

合同墓は2012年10月に、小樽市が経済的な理由で墓を設置出来ない小樽市民からの要望を受けて、葬祭場がある中央墓地(緑5)内に設置しました。

《使用料》は1体5000円で、当初は年間60体程度を想定したが、2013年度に288体、2015年度には327体に上り、その後も毎年300体を超えて埋葬されています。

2019年度は498体と開設以来最多となり、本年度も5月末迄に89体を受け入れました。

小樽市によると、想定以上に増加したのは、『将来的に墓を守る親族がいなくなる事を不安に思った市営墓地の使用者が合同墓に改葬した事例が増えた為』とみています。

申込全体のうち、改葬された遺骨は2013年度に132体、2019年度は202体でした。IMG07200~2

(埋葬できる数を2倍に拡張する小樽市の合同墓)

全体の埋葬数は2020年3月末で2543体で、2020年度中には受け入れられなくなる可能性も有り、小樽市は拡張の為本年度一般会計予算に整備費720万円を計上し、今月始めに着工、7月末迄の工事を予定しています。

合同墓は1度埋葬すると遺骨は取り出せません。

小樽市戸籍住民課は…『遺族は周囲とよく相談した上で利用を検討して欲しい』と話していました。

工事期間中も11月末迄申込は受付るが、毎週金曜の納骨時には工事は行いません。


引用:小樽市、北海道新聞

《🐻北海道人気ブログランキング❕と北海道にほんブログ村❕に参加しています🎵良ければ👍クリックをお願いします🙇⤵》



北海道人気ブログランキング


にほんブログ村 にほんブログ村へ

北海道にほんブログ村

(🐶ぶん公🎵にクリック👍をお願いします🙇⤵)



《🐻御覧頂きありがとうございます🎵🐻➡🙇⤵》




sintomi1 at 13:50│Comments(0)│小樽 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
🐻北海道内と北海道外の移動自粛を解除❕北海道内のイベント等も1000人以下迄緩和❕❕│🐻音楽文化を守らなければ❗…北海道内のライブ会場❕【若手の育成は必要】&メジャーアーティストの現状❕