🐻カツカレー(5)札幌市交通局東豊線乗務区豊水薄野駅食堂│🐻小樽駅前広場再整備❕ 小樽市が来年度に計画策定❕❕

2020年08月30日

🐻新日本海フェリーが就航50周年❕❕

🐻✋新日本海フェリー(本社:大阪)の北海道小樽から本州航路が開設されて8月で50周年を迎えました。

IMG00024-3~2

1970年(昭和45年)8月4日に小樽~敦賀(福井)~舞鶴(京都)を結んで就航しました。

第1船は初代《すずらん》丸で日本海初の長距離フェリーでした。IMG08442~2-1
当時の画像引用:小樽市、北海道新聞

就航当初は週2便で、小樽~舞鶴間の就航所要時間が31時間、敦賀航路が29時間で、その後は週8便に増便されて、1974年(昭和49年)には新潟航路(週3便)も始まりました。

1970年会社開設時は小樽に本社におき、翌71年は本社を大阪に移転し元本社の小樽を本店と明記する。

1996年には小樽~敦賀航路に高速船《すずらん》《すいせん》の2隻が就航されて所要時間が21時間に短縮されました。新潟航路も当時1日辺り朝便と夜便の2便の4隻体制になりました。

2002年に敦賀航路と新潟航路の夜便を苫小牧東港に転換する。

2004年に舞鶴航路を高速船《はまなす》《あかしあ》2隻を就航し所要時間も21時間と週7便体制が可能にしました。

2017年に小樽・新潟航路に《らべんだあ》《あざれあ》を就航し所要時間を18時間に短縮し、小樽港発を10時30分から17時に変更しました。

IMG02442~2-1
小樽~新潟航路の『らべんだあ』

現在は小樽航路は新潟便は2隻体制の週6便、舞鶴便も2隻体制で週7便の就航です。

苫小牧航路は敦賀直行便は2隻体制で週7便、新潟経由便は週1便、秋田経由新潟便は週5便の2隻体制となります。

全8隻の船籍港は本店所在地の小樽となっています。

【就航フェリーのダイヤ】
(小樽~舞鶴)《はまなす》《あかしあ》
週7便就航
小樽港発23:30~舞鶴港着翌日21:15
舞鶴港発23:50~小樽港着翌日20:45

(小樽~新潟)《らべんだあ》《あざれあ》
週6便就航
(月曜~土曜)
小樽港発17:00~新潟港着翌日10:15
(火曜~日曜)
新潟港発12:00~小樽港着翌日4:30
(8月は小樽~新潟便❕週7便毎日就航)

IMG08438~2


【🐻👍今日の1曲🎵】

🎵『海は恋してる』(cover) 北口和沙


IMG00024-3~2

【🐻👍🚢フェリー撮影のポイント】

小樽港の場合は新潟航路が日曜日運休が多いので、月曜の早朝から夕方にかけて2隻が港に停泊している事が有ります。

普段だと運休日は苫小牧東港や新潟港、敦賀港、舞鶴港だと1隻が停泊していますが、小樽~新潟航路便の船を2隻とも小樽で停泊しています。たまに舞鶴航路の運休も有るので、年数回に3隻が停泊する事も有ります。

【就航50周年記念に客室運賃を半額に❕寄港地住民を対象】

新日本海フェリーは北海道内航路就航50周年を記念して、小樽等の寄港地の住民を対象に全客室の運賃を半額にする割引サービスを行います。期間は9月1日~17日、9月23日~10月31日迄です。同社HP で予約を受付ます。

御問い合わせは新日本海フェリー小樽本店 ☎0134-22-6191へ

🔍🐻🚢新日本海フェリーのホームページ🚢  https://www.snf.jp/

2021年に横須賀~北九州航路就航予定です🎵


記事の一部引用:新日本海フェリー、北海道新聞、小樽市

《🐻北海道人気ブログランキング❕と北海道にほんブログ村❕に参加しています🎵良ければ👍クリックをお願いします🙇⤵》



北海道人気ブログランキング


にほんブログ村 にほんブログ村へ

北海道にほんブログ村

(🐶ぶん公🎵にクリック👍をお願いします🙇⤵)



《🐻御覧頂きありがとうございます🎵🐻➡🙇⤵》








このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
sintomi1 at 00:50│Comments(0)│小樽 | åŒ—海道内

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
🐻カツカレー(5)札幌市交通局東豊線乗務区豊水薄野駅食堂│🐻小樽駅前広場再整備❕ 小樽市が来年度に計画策定❕❕