バスルート

2022年08月26日

🐻函館線小樽・長万部間のバス転換でバス会社側も課題に❕&国交省が地方鉄道について来年度から存廃について協議❕

🐻✋2030年度末予定の北海道新幹線札幌延伸に伴いJR北海道から経営分離される並行在来線函館線小樽―長万部間(140・2キロ)について、沿線9市町と道が町内で7月7日に開いた会合で、道は全線バス転換後のダイヤの検討状況を明らかにした。 

IMG06683

運行本数をJRと同等以上にするとともに、バスのルート設定の柔軟性を生かし、高校や病院に通いやすくする基本方針を提示。ただ、運転手の確保や財源面など、来年1月を目指すダイヤの原案決定には課題も多い。

d7ff6fd7f7ce7b9ff91a2d5e53c8ec98

会合は倶知安町の後志総合振興局で開かれ、沿線9市町の首長や道の幹部らが出席。道は《1》長万部―黒松内《2》黒松内―倶知安《3》倶知安―余市《4》余市―小樽の各区間で、沿線9市町、既存の路線バスを運行する中央バス、ニセコバスを交え、検討している鉄路廃止後のバス運行ルートの基本方針やイメージを説明した。

現在…小樽~長万部間のバス転換になった場合には…各バス会社の乗務員の確保が出来るのか?課題もあります。

北海道中央バス(本社:小樽)は乗務員不足❕もあり、小樽市内線の路線バスの本数を全体の約半分に減便した。

特に小樽~余市間の学生通学について、担当路線の余市営業所の人員だけでは対応が難しい。

中央バスはバス転換になった際をおたもい営業所(市内線)、真栄営業所(高速線)が応援する予定にしているが、今の現状だと、中央バス単独でのカバーが厳しいとされている。

バス転換に共同参入も予想されるのがジェイアール北海道バス(本社:札幌)である。

運行されている高速線(小樽~札幌・中央バスと共同運行)と小樽線を担当している小樽営業所だが、余市ルートも担当する場合、に人員とバスの配車に課題も発生する。

DSC_0008
ジェイアール北海道バス小樽営業所

北海道内の各バス会社も乗務員不足❕が課題となっている為、バス転換になった際に対応が出来るのか?今後協議が必要になる。

迫俊哉小樽市長は8月23日の会見で、来年度に塩谷地区で《コミュニティバス》や《デマンドバス》の実証実験を始めると述べた。

10月に予定されている住民説明会で、内容が説明される予定だ。


🐻👍【国交省が地方鉄道について来年度から存廃について協議❕  】

国土交通省は7月25日、経営が厳しい地方鉄道の存廃を検討する地域協議会について、来年度から議論を始められるようにすると明らかにした。

関連法改正を検討、事業者の鉄道利用促進策やバス転換などにかかる費用に対する財政支援を来年度予算の概算要求に盛り込む。

JRは、1キロ当たりの1日平均乗客数を示す「輸送密度」が千人未満などの線区を協議入りの目安とするが、除外要件もあり、国交省は具体的な線区を示していない。

国交省の有識者検討会が7月25日まとめた提言を受け、協議会設置に向けた環境整備を急ぐ。

記事の一部引用:北海道新聞

🐻👍【今日の1曲🎵】

🎵『本性(HONSYO)』CHIKA


🐻👍CHIKA さんについて…

🐻🔎(検索❕)【vocalist CHIKA  YouTube】

https://youtube.com/channel/UCUHAYcLFwuZqcTSAplB8GKQ


 ðŸ»ðŸ”Ž(検索❕)【Punky Punk(YouTube)】
https://youtube.com/channel/UClKco0UOGGNQbcwkwxy8DiQ
 
🐻🔎(検索❕)【CHIKA  ã•ã‚“のTwitter❕❕】

🐻🔎(検索❕)【CHIKA list(ブログ特集)】http://sintomi1.livedoor.blog/archives/25228380.html


《🐻北海道人気ブログランキング❕と北海道にほんブログ村❕に参加しています🎵良ければ👍クリックをお願いします🙇⤵》




北海道人気ブログランキング

《🐻→🙇ブログランキング🎵のフォロー🎵もよろしくお願いします🙇⤵》



にほんブログ村 にほんブログ村へ

北海道にほんブログ村

(🐶ぶん公🎵にクリック👍をお願いします🙇⤵)

《🐻→🙇ブログ村のフォローもよろしくお願いします🎵

後志が1番❗❗❗【livedoor】 - にほんブログ村


《🐻御覧頂きありがとうございます🎵🐻➡🙇⤵》







このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
sintomi1 at 01:50|Permalink│Comments(0)