バス転換

2022年08月26日

🐻函館線小樽・長万部間のバス転換でバス会社側も課題に❕&国交省が地方鉄道について来年度から存廃について協議❕

🐻✋2030年度末予定の北海道新幹線札幌延伸に伴いJR北海道から経営分離される並行在来線函館線小樽―長万部間(140・2キロ)について、沿線9市町と道が町内で7月7日に開いた会合で、道は全線バス転換後のダイヤの検討状況を明らかにした。 

IMG06683

運行本数をJRと同等以上にするとともに、バスのルート設定の柔軟性を生かし、高校や病院に通いやすくする基本方針を提示。ただ、運転手の確保や財源面など、来年1月を目指すダイヤの原案決定には課題も多い。

d7ff6fd7f7ce7b9ff91a2d5e53c8ec98

会合は倶知安町の後志総合振興局で開かれ、沿線9市町の首長や道の幹部らが出席。道は《1》長万部―黒松内《2》黒松内―倶知安《3》倶知安―余市《4》余市―小樽の各区間で、沿線9市町、既存の路線バスを運行する中央バス、ニセコバスを交え、検討している鉄路廃止後のバス運行ルートの基本方針やイメージを説明した。

現在…小樽~長万部間のバス転換になった場合には…各バス会社の乗務員の確保が出来るのか?課題もあります。

北海道中央バス(本社:小樽)は乗務員不足❕もあり、小樽市内線の路線バスの本数を全体の約半分に減便した。

特に小樽~余市間の学生通学について、担当路線の余市営業所の人員だけでは対応が難しい。

中央バスはバス転換になった際をおたもい営業所(市内線)、真栄営業所(高速線)が応援する予定にしているが、今の現状だと、中央バス単独でのカバーが厳しいとされている。

バス転換に共同参入も予想されるのがジェイアール北海道バス(本社:札幌)である。

運行されている高速線(小樽~札幌・中央バスと共同運行)と小樽線を担当している小樽営業所だが、余市ルートも担当する場合、に人員とバスの配車に課題も発生する。

DSC_0008
ジェイアール北海道バス小樽営業所

北海道内の各バス会社も乗務員不足❕が課題となっている為、バス転換になった際に対応が出来るのか?今後協議が必要になる。

迫俊哉小樽市長は8月23日の会見で、来年度に塩谷地区で《コミュニティバス》や《デマンドバス》の実証実験を始めると述べた。

10月に予定されている住民説明会で、内容が説明される予定だ。


🐻👍【国交省が地方鉄道について来年度から存廃について協議❕  】

国土交通省は7月25日、経営が厳しい地方鉄道の存廃を検討する地域協議会について、来年度から議論を始められるようにすると明らかにした。

関連法改正を検討、事業者の鉄道利用促進策やバス転換などにかかる費用に対する財政支援を来年度予算の概算要求に盛り込む。

JRは、1キロ当たりの1日平均乗客数を示す「輸送密度」が千人未満などの線区を協議入りの目安とするが、除外要件もあり、国交省は具体的な線区を示していない。

国交省の有識者検討会が7月25日まとめた提言を受け、協議会設置に向けた環境整備を急ぐ。

記事の一部引用:北海道新聞

🐻👍【今日の1曲🎵】

🎵『本性(HONSYO)』CHIKA


🐻👍CHIKA さんについて…

🐻🔎(検索❕)【vocalist CHIKA  YouTube】

https://youtube.com/channel/UCUHAYcLFwuZqcTSAplB8GKQ


 ðŸ»ðŸ”Ž(検索❕)【Punky Punk(YouTube)】
https://youtube.com/channel/UClKco0UOGGNQbcwkwxy8DiQ
 
🐻🔎(検索❕)【CHIKA  ã•ã‚“のTwitter❕❕】

🐻🔎(検索❕)【CHIKA list(ブログ特集)】http://sintomi1.livedoor.blog/archives/25228380.html


《🐻北海道人気ブログランキング❕と北海道にほんブログ村❕に参加しています🎵良ければ👍クリックをお願いします🙇⤵》




北海道人気ブログランキング

《🐻→🙇ブログランキング🎵のフォロー🎵もよろしくお願いします🙇⤵》



にほんブログ村 にほんブログ村へ

北海道にほんブログ村

(🐶ぶん公🎵にクリック👍をお願いします🙇⤵)

《🐻→🙇ブログ村のフォローもよろしくお願いします🎵

後志が1番❗❗❗【livedoor】 - にほんブログ村


《🐻御覧頂きありがとうございます🎵🐻➡🙇⤵》







このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
sintomi1 at 01:50|Permalink│Comments(0)

2022年03月24日

🐻函館線存廃問題小樽もバス転換承認へ26日最終調整へ❕&小樽・後志管内の1月求人倍率9カ月連続上昇・非正規雇用は停滞が続く❕(小樽・岩内職安)

🐻✋小樽市は23日、2030年度末の北海道新幹線札幌延伸に伴いJR北海道から経営分離される並行在来線の函館線小樽―長万部間(140・2キロ)のうち、対応が未定で鉄路存続の可能性を協議していた小樽―余市間(19・9キロ)のバス転換を容認する方針を固めた。

IMG11706


後志管内余市町も条件付き容認を視野に検討する。

両市町と北海道は26日、小樽で3者協議を行い最終調整する。 

長万部―余市間(120・3キロ)は、既に沿線9市町のうち小樽―余市間以外の7町がバス転換を決定し、余市町と小樽市の対応が焦点。

余市町が第三セクターによる鉄路維持を主張する一方、小樽市は態度を保留し、両市町と道は1月以降、調整を重ねてきた。

北海道によると、小樽~余市間の経営分離後30年間の累計赤字額は《鉄路存続》で206億円❕、《バス転換》で18億円❕で、小樽市の迫(はざま)俊哉市長は3月9日の定例小樽市議会で『バス転換に優位性がある』と言及しており、《財政負担》を理由に《鉄路存続は難しい❕》と判断したとみられます。

余市町は《バス転換の条件❕》として、《鉄道並みの輸送力の確保❕》と《JR余市駅周辺のターミナル整備❕》等を北海道に求めてきました。

a33bf0fd97107df9d840c8f991dcd6a0_(1)

前回の3者協議の様子(左側斉藤啓輔余市町長と右側迫俊哉小樽市長)

今後は‥26日(土)の北海道と余市町、小樽市との3者協議で判断する事になります。


🐻👍【小樽・後志管内の1月求人倍率9カ月連続上昇・非正規雇用は停滞が続く❕(小樽・岩内職安)】

小樽・後志管内の1月での求人倍率は‥小樽公共職業安定所管内(6市町村)が前年同月比0・20ポイント増加の1・22倍、岩内職安管内(14町村)が同0・20ポイント増加の1・08倍といずれも9カ月連続で前年同月を上回りました。

img_0_m(1)

小樽職安(ハローワーク小樽)

小樽職安管内の有効求人数は‥同5・4%増加の2081人、有効求職者数は‥同11・7%減少の1707人、小樽職安によると、『求人は、前年のコロナ禍の影響による大幅な落ち込みの反動で増えた。オミクロン株の感染拡大等で、外出をためらったり、就労意欲が落ちた人も一定数いる』と言うが‥非正規雇用面で、札幌市内のコールセンターでは感染防止❕にアクリル板等を設置しているが‥求職者側からは‥またクラスターが発生するのでは‥と警戒する面も増えているのが現状です。

IMG12121


岩内職安の有効求人数は‥同23・9%増加973人、有効求職者数は同1・5%増加の905人でした。


一部の記事引用:北海道新聞

🐻👍【今日の2曲🎵】

🎵『本性(HONSYO)』CHIKA




🐻👍CHIKA さんについて…

🐻🔎(検索❕)【vocalist CHIKA  YouTube】

https://youtube.com/channel/UCUHAYcLFwuZqcTSAplB8GKQ


 ðŸ»ðŸ”Ž(検索❕)【Punky Punk(YouTube)】
https://youtube.com/channel/UClKco0UOGGNQbcwkwxy8DiQ
 
🐻🔎(検索❕)【CHIKA  ã•ã‚“のTwitter❕❕】

🐻🔎(検索❕)【CHIKA list(ブログ特集)】http://sintomi1.livedoor.blog/archives/25228380.html




🎵『布石』 半崎美子

🔍🐻(検索❕)【半崎美子さん】


🔍【半崎美子の記事】http://sintomi1.livedoor.blog/archives/19759883.html

《🐻北海道人気ブログランキング❕と北海道にほんブログ村❕に参加しています🎵良ければ👍クリックをお願いします🙇⤵》



北海道人気ブログランキング

《🐻→🙇ブログランキング🎵のフォロー🎵もよろしくお願いします🙇⤵》



にほんブログ村 にほんブログ村へ

北海道にほんブログ村

(🐶ぶん公🎵にクリック👍をお願いします🙇⤵)

《🐻→🙇ブログ村のフォローもよろしくお願いします🎵

後志が1番❗❗❗【livedoor】 - にほんブログ村


《🐻御覧頂きありがとうございます🎵🐻➡🙇⤵》



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
sintomi1 at 13:50|Permalink│Comments(0)

2022年02月21日

🐻函館線存廃問題で小樽市内4箇所で住民説明会を開催❕&鉄路存続またはバス転換になった場合の課題❕

🐻✋小樽市は北海道新幹線札幌延伸に伴いJR北海道から経営分離される並行在来線の函館線小樽―余市間の存廃について、2月7日に蘭島地区で、8日には塩谷地区2ヵ所と11日には小樽市内で住民説明会を開催しました。

IMG02532


住民説明会で内容を説明する迫俊哉小樽市長(11日いなきたコミュニティセンター)

長万部―余市間は、3日の道と沿線9市町による協議会で鉄路廃止とバス転換が決まった。

小樽―余市間については、余市町が鉄路存続を主張。小樽市は判断を保留しているが、迫俊哉市長が「バス転換を視野に入れた動きを進めたい」との考えを表明している。

🐻👍【小樽市内各会場で渡された資料❕】IMG02534_HDR

IMG02535_(1)

IMG02536_(1)

IMG02540_(1)

IMG02541_(1)

IMG02544_(1)

IMG02538_(1)

IMG02539_(1)

IMG02543_(1)

IMG02544_(1)_(1)~2

🐻👍【小樽市内住民説明会の内容❕】

7日に沿線地域の蘭島会館(蘭島1)ででは‥長万部―余市間の鉄路の廃止が決まってから初の住民説明会では、蘭島、忍路の地域住民7人が出席しました。

ac070ffa702e427efd8a9f166e3248af
鉄路存続を求める声が上がった蘭島会館での住民説明会

住民からは‥『鉄道の赤字額のうち、小樽の負担がどれだけになるのか?具体的に算出して議論するべきだ』や『蘭島地区は通学だけでなく夏場の海水浴客も利用する。海水浴列車等の活用』等もあり、小樽―余市間のバス転換には住民からは強い反対の声が上がった。

確かに2021年の蘭島海水浴場の利用客は‥2年連続増加をしており、鉄道存続になった場合は‥国鉄時代で運行していた海水浴列車❕で利用客増加も期待が持てそうです。

8日には沿線の塩谷・桃内地区の2ヵ所でも住民説明会を開催しました。

IMG02546_HDR_(1)
塩谷地区親和会館での住民説明会の様子

親和会館(塩谷2)では‥住民13人、丸山下会館(塩谷4)では19人が出席し、住民からは‥『塩谷駅付近に路線バスや高速バス停を設置して欲しい』や『鉄道は観光資源につながる』の意見もありました。

IMG02537_(1)_(1)
741c06064af700b191291f4ce506af76

説明会の内容で現在塩谷駅付近から小樽市内最上地区を結ぶ《最上トンネル》について、開通後は‥余市から塩谷駅付近を経由して最上地区に行くルートを公表しましたが、塩谷駅付近のバス路線については‥現在の《塩谷線》(本局前(小樽郵便局)~小樽駅前~塩谷海岸)と《余市線》(余市梅川車庫~余市駅前~小樽駅前)の各ルートが塩谷駅付近迄路線を設置するのか?注目されます。

11日には‥小樽いなきたコミュニティセンター(稲穂5)でも住民説明会を開き、34人が出席しました。


IMG02531
IMG02529_HDR
IMG02530
説明会の様子

参加者からは‥『JRに対しての不満な声』や『災害時には鉄道輸送が必要』、『歴史がある鉄道なので残して欲しい』、『バス転換後になった場合は‥』の意見もありました。

中には市民から‥『鉄路存続になれば、余市主導にならないのか?』の質問に対して小樽市側は‥『あくまでも余市主導での存続ではないと否定をしました。』


IMG02532

迫俊哉小樽市長はこの結果を経済界や3月17日の《小樽市議会》に報告して、存廃を判断する考えです。

🐻👍【鉄路存続の場合❕】

(1)小樽と余市の合同で第3セクターの会社を設立、

(2)車両所や会社の拠点を小樽か余市のいずれかになります。

(3)存続の場合出費配分

🐻👍【バス転換の場合❕】

資料では‥通学や買物客の想定になっているが、現在では‥余市~札幌間で通勤をしている人はいます。

札幌~余市間最終便について、

《JRの場合》‥

札幌発21:30→小樽22:15 22:30(倶知安行き)→余市着22:55

《中央バスの場合》

札幌発20:45(円山経由・高速おたる号)→小樽21:45 22:00(余市線)→余市着22:35

仮にバス転換になった場合は‥中央バスが余市行きの最終便をJRの最終便と同じに繰り下げてくれるのか?、既存のダイヤでバス転換を考えているなら、余市町側は‥当然❕黙っていないと思います。

バス転換になった場合は‥早めに試験運行で余市行き最終便を繰り下げる必要があります。

3月17日の小樽市議会では‥鉄道存続派やバス転換派がどれだけいるのか❔で存廃問題の決着が付くかも知れないです。


記事の一部引用:小樽市、北海道新聞

🐻👍【今日の一曲🎵】

🎵『本性(HONSYO)』CHIKA




🐻👍CHIKA さんについて…

🐻🔎(検索❕)【vocalist CHIKA  YouTube】

https://youtube.com/channel/UCUHAYcLFwuZqcTSAplB8GKQ


 ðŸ»ðŸ”Ž(検索❕)【Punky Punk(YouTube)】
https://youtube.com/channel/UClKco0UOGGNQbcwkwxy8DiQ
 
🐻🔎(検索❕)【CHIKA  ã•ã‚“のTwitter❕❕】

🐻🔎(検索❕)【CHIKA list(ブログ特集)】http://sintomi1.livedoor.blog/archives/25228380.html

《🐻北海道人気ブログランキング❕と北海道にほんブログ村❕に参加しています🎵良ければ👍クリックをお願いします🙇⤵》



北海道人気ブログランキング

《🐻→🙇ブログランキング🎵のフォロー🎵もよろしくお願いします🙇⤵》



にほんブログ村 にほんブログ村へ

北海道にほんブログ村

(🐶ぶん公🎵にクリック👍をお願いします🙇⤵)

《🐻→🙇ブログ村のフォローもよろしくお願いします🎵

後志が1番❗❗❗【livedoor】 - にほんブログ村


《🐻御覧頂きありがとうございます🎵🐻➡🙇⤵》



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
sintomi1 at 01:50|Permalink│Comments(0)

2022年02月17日

🐻JR根室線富良野~新得間をバス転換へ❕

🐻✋JR北海道が廃止・バス転換を求めてきた根室線富良野―新得間(81・7キロ)の沿線4市町村の首長は1月28日、富良野市内で会議を開き、同区間の存続を断念し、バス転換の議論を進めていくことを確認した。

2月から各市町村で住民説明会を開き、理解を求めていく。


ff443878400d440a8d63074f7b9c2426

会議には富良野市、上川管内南富良野町、同管内占冠村、十勝管内新得町の4首長のほか、JRの萩原国彦取締役、道総合政策部の柏木文彦交通企画監らが出席。冒頭を除き非公開で行われた。

終了後、富良野市の北猛俊市長は取材に対し、「JRから求められた年間10億9千万円の運行費は負担できないことを確認した。存続を断念せざるを得ない」と述べた。

理由としては、2020年12月に国土交通省が示したJRへの支援策に同区間への支援が盛り込まれなかったことなどを挙げた。

また、JRからは、バス転換した場合の初期費用と運行にかかる赤字分などを18年間補填(ほてん)すると提案されていることも明らかにした。

JR北海道が廃止・バス転換の方針を示した根室線富良野―新得間について、新得町、富良野市、上川管内南富良野町、同占冠村の沿線4市町村の首長が28日、同区間存続に必要とされる年間10億円超の地元負担について「応じられない」として鉄路存続を断念し、新たな交通体系を模索することで一致した。

事実上のバス転換容認とみられる。

富良野市で開かれた関係市町村による根室本線対策協議会。会議終了後、浜田正利新得町長は「残念な選択だが、仕方がない。圏域と圏域を結ぶ新たな交通体系の確立と地域経済を支える路線の整備に努力したい」と語り、無念さをにじませた。2月1日開会予定の臨時町議会で経緯を報告するほか、2月中に住民に説明する場を設けたいとの意向を示した。

JR根室線の富良野―新得間について、富良野市と南富良野町、占冠村、十勝管内新得町の沿線4市町村の首長が、富良野市内で開かれた会議で存続断念とバス転換論議の進展を決めた理由だ。

「あくまで国や道に根室線存続を求めていく」としていた4市町村が、存続断念に向かった契機として挙げるのが2020年12月、国鉄清算事業団債務等処理法の改正に合わせて国土交通省が示したJR北海道への支援策だ。

JRが廃止・バス転換を提案したJR根室線富良野―新得間などの5区間に対する支援が盛り込まれていなかった。

地元では無念と諦めの声に加え、住民を含めた議論不足を指摘する声も上がっている。

7adf8626d05b0ae3c990ffa9fa6a7b9c
34675f9fe581513397bcd1144c1049a2

JR北海道が廃止を求めてきた根室線富良野―新得について、沿線自治体は存続を断念しバス転換を協議する方針を先週決めた。

区間の一部は2016年の台風被害で不通のままだ。被災した鉄路復旧は法改正で国の補助が拡充したが、JRは工事しなかった。高潮被害による運休状態で昨年廃止した日高線鵡川―様似に続く例だ。鉄道事業者としての責任を果たす姿勢が見られない。

鉄路維持なら年10億円超の運行費が地元負担となる。首長からは「苦渋の決断」との声が漏れる。

国は20年末のJR巨額支援策にこの区間は盛り込まなかった。地元に寄り添うべき道も存続支援をせず、引導を渡した格好だ。

本来は鈴木直道知事が調整役を果たす必要があった。展望を示さぬ国、道の姿勢は納得できない。

経営危機にあるJRが「単独では維持が困難」という10路線13区間を公表して5年が過ぎた。


b345a84e0ff2588f29786b1dd924479b
d686010cadad10f219d1052721793547

このうち廃線対象5区間では日高線など3区間で鉄路が消えた。根室線区間の存続断念で留萌線深川―留萌のみ結論が出ていない。

今回の廃止方針に対し、JRは「大きな判断をしてもらい感謝している」とコメントした。

地域に根差した路線の廃止を歓迎するような態度では、地元も違和感を持つのではないか。もはや廃線促進が本来業務にも見える。

JRはバス転換の初期費用や運行赤字を18年間補填(ほてん)する意向という。単なる代替バスでなく上川、十勝両地方を結ぶ広域交通網構築に積極的に関わる責務がある。

沿線住民への説明も不十分だ。JR幹部は自ら足を運び、不安解消に努めるべきだろう。

国は4年前のJRへの監督命令に伴い、赤字区間の中で「鉄道よりも他の交通手段が適しており、利便性・効率性の向上も期待できる線区」の廃止を促している。

この定義を厳密に当てはめれば道内で存続可能な区間は数少なくなる。ローカル線には地域の足を担う役割があるはずだ。やみくもな路線縮小では全国をつなぐ鉄道網のスケールメリットを失う。

廃止方針の富良野―新得は、41年前の石勝線開業で道央と道東を結ぶ幹線機能は薄れてはいる。

だが観光路線の側面もある。幾寅駅は高倉健さん主演の映画「鉄道員(ぽっぽや)」の舞台で人気は根強い。話題づくりに苦慮する全国のローカル駅からうらやむ声も聞こえる。


c2a23d38df80e22f65a116f97cab292b20220218_035406

20220218_035418
映画鉄道員より(志村けん、高倉健)

長期滞在の旅で鉄路をどう位置づけるか。観光の基幹産業化を図る道は将来像を示す必要がある。

JR北海道が廃止を求めてきた根室線富良野―新得間について、沿線4自治体が存続を断念しバス転換を協議する方針を決め、15日で2週間が過ぎた。

首長からは「苦渋の決断」との声が漏れるが、区間の一部は2016年の台風被害で不通となったまま代行バスによる輸送が続く。


573481296065fdfa2d7180458e636d33

存続を求める住民らは「日高線に続き復旧せず廃止するのか。国やJRは責任放棄」と疑問視する。

記事の引用:北海道新聞

🐻👍🎵『今日の一曲』

🎵『MIDNIGHT BLUE』 秋月煉


🔍🐻秋月煉(れん)さんについて…

職業→【#作曲家 / #ヴォーカリスト】 ï¼ˆæ­Œæ›²ã¯å…¨æ›²ãƒ»ã‚«ãƒ©ã‚ªã‚±é…ä¿¡ä¸­ï¼‰ 

■DL販売 ➩linkco.re/MbNDA1ht â€»ã€ä¸€ç§’ごとの永遠】最新アルバム ■CD販売 ➩amazon.co.jp/dp/B0834LSVV5/

【YouTube】
https://m.youtube.com/channel/UC_ZKPcAvK5RHpk6dJk-gOtQ
 
【Twitter】
https://twitter.com/akizuki_trigger?lang=ja



《🐻北海道人気ブログランキング❕と北海道にほんブログ村❕に参加しています🎵良ければ👍クリックをお願いします🙇⤵》



北海道人気ブログランキング

《🐻→🙇ブログランキング🎵のフォロー🎵もよろしくお願いします🙇⤵》



にほんブログ村 にほんブログ村へ

北海道にほんブログ村

(🐶ぶん公🎵にクリック👍をお願いします🙇⤵)

《🐻→🙇ブログ村のフォローもよろしくお願いします🎵》


後志が1番❗❗❗【livedoor】 - にほんブログ村


《🐻御覧頂きありがとうございます🎵🐻➡🙇⤵》












































































































































このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
sintomi1 at 01:50|Permalink│Comments(0)

2021年10月26日

🐻JR函館線小樽~長万部間バス転換時のルート提示❕(北海道)【北海道内のバス事情36】

🐻✋【北海道内のバス事情36】は‥8月6日に倶知安町内で開かれた《北海道新幹線並行在来線対策協議会》(事務局・北海道)の第9回後志ブロック会議で北海道は‥小樽~長万部間を《全線バス転換❕❕》した場合の運行ルート案を提示しました。

 IMG06683

通学や通院の為既存のバス路線を増便する等ダイヤの方向性も提示し、沿線住民はこれを了承、北海道はバス事業者と協議し、秋に開く会議で収支予測を出す方針です。

北海道は4月の協議会で‥

①第3セクターでの全線維持

②小樽~長万部間全線バス転換

③小樽~余市間は鉄路を維持して、その他をバス転換

の3案を提示、8月6日の協議会で年内にも方向性を絞り込むとしました。20210326-00010000-doshin-000-1-view

現在の小樽~長万部間在来線区間


1121461
赤字在来線廃止後を想定した北海道

このうちバス転換について詳細な《収支予測❕》を出す為、転換した場合の運行ルート案を4区間

①長万部~黒松内

②黒松内~倶知安

③倶知安~余市

④余市~小樽

を提示、ダイヤについては‥高校への通学時間帯や買い物しやすい日中の時間帯で既存バス路線を増便する方向性を示しました。


IMG00147_(1)~2


小樽~余市を除く3ルートで‥《予約制のデマンドバス》も運行を検討するとしました。

20130116050049_161193compuser1610-0
全国の自治体で利用されているハイエース型のデマンドバス

北海道に対してバス転換した場合のルート等を要望していた黒松内町長は‥『停留所を含めほぼ要望通りの内容だ』と述べました。

他の自治体の首長もこのルートを基に《収支予測❕》を計算する事を了承しました。

一方余市町長は‥『余市~小樽間の鉄路維持を含めて検討していく方が合理的だ』と述べて全線バス転換に否定的な考えを示しました。

また‥余市町議会並行在来線の存続等に関する調査特別委員会が8月30日開かれ、道が示した経営分離後の運行形態3案のうち「余市―小樽は鉄路を維持する案」について審議した。

斉藤啓輔町長は、増便や簡易乗降場の設置も視野に、利便性を高めて乗客を増やすことで鉄路存続を模索していく考えを示した。

北海道が8月6日に開いた沿線自治体との協議会を受けて開かれた。冒頭で町側は、道が示した中間報告の資料を基に《1》JRから経営分離される余市―小樽を第三セクターが運営する場合、2030年度の単年度収支は5億円の赤字の見通し《2》バス転換の場合は、余市から小樽の各高校への通学に利便性の高いルートや札幌への直行ルートの検討―など現在の協議の流れを説明した。 


一部記事引用:北海道新聞

【🐻👍🎵今日の1曲🎵】


🎵『Stairway To Heaven ã€(天国への階段)    SHII


Led Zeppelinのカバー曲です。





🐻👍SHII さんについて…🌟🌟🌟

🐻🔎(検索❕)【SHII ã•ã‚“のYouTube❕❕】

🐻🔎(検索❕)【SHII ã•ã‚“のTwitter❕(SHII â€•åŒ—海道~)】

 ðŸ»ðŸ”Ž(検索❕)【SHII さんのAmebaブログ❕(SHII â€•åŒ—海道~)】

🐻🔎(検索❕)(特集記事❕)【SHII â•â•ã€‘



《🐻北海道人気ブログランキング❕と北海道にほんブログ村❕に参加しています🎵良ければ👍クリックをお願いします🙇⤵》



北海道人気ブログランキング


《🐻→🙇ブログランキング🎵のフォロー🎵もよろしくお願いします🙇⤵》


にほんブログ村 にほんブログ村へ

北海道にほんブログ村

(🐶ぶん公🎵にクリック👍をお願いします🙇⤵)

《🐻→🙇ブログ村のフォローもよろしくお願いします🎵》

後志が1番❗❗❗【livedoor】 - にほんブログ村


《🐻御覧頂きありがとうございます🎵🐻➡🙇⤵》








このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
sintomi1 at 14:00|Permalink│Comments(0)