企画展

2021年11月28日

🐻小樽のボランティア《銭函キャッツアイ》が市内で猫の譲渡会❕&岩内では企画展開催❕《木田金次郎美術館》

🐻✋飼育放棄された猫を保護する小樽のボランティアグループ《銭函Cats-eye(キャッツアイ)》は11月21日、猫🐱の新しい飼い主を探す《譲渡会》を小樽市内のカフェで初めて開きました。


IMG00938_(1)~2_(1)20211124_000652
譲渡会の猫🐱たち(下)の画像は銭函Cats-eyeさんのTwitterより

グループ《銭函Catseye》は‥2年前から《猫🐱の保護活動❕》を実施、現在はメンバー8人が分担して世話をしたり、不妊・去勢手術やワクチン接種を受けさせたりしています。

譲渡の対象は‥会場に連れてきた8匹とオンラインで紹介する3匹の計11匹の猫です。

会場には‥多くの小樽や札幌市民等が訪れて、10匹の猫🐱が新たな飼い主に決まりました。


IMG00939~2

グループCats-eyeの滝公恵代表(67歳)は‥『譲渡会等の活動を通して、市民に猫の適正飼育の大切さを発信していきたい』と話しています。

《保護猫》が多く集まれば、今後も譲渡会を開く予定です。

《開催告知❕》や《日々の活動❕》は‥グループのFacebookやTwitterで発信します。

🐻🔎(検索❕)【銭函Cats-eyeのTwitter❕ â•ã€‘


🐻🔎(検索❕)【銭函Cats-eyeのFacebook❕】



🐻👍【岩内では企画展開催❕《木田金次郎美術館》】

岩内町の画家木田金次郎(1893~1962年)が冬季に室内で描いた静物画を中心に77点を展示する企画展が、岩内町万代の木田金次郎美術館で開かれている。


1a5a89966cf274a5ad7f6a97e7ba3188
木田金次郎が室内で制作した静物画を中心に展示する企画展

同館は「風景画のイメージが強い木田のもう一つの魅力を知ってほしい」と来場を呼びかける。同館によると、自分が見た風景だけを描く“現場主義”を貫いていた木田は、寒さの厳しい冬になると室内での制作が中心になった。

企画展ではバラ、アネモネ、ボタンといった花やリンゴなどを、さまざまな構図や色合いで描いた作品が並ぶほか、晩秋の新雪や早春の残雪を描いた風景画なども楽しめる。

会期は来年6月26日迄だが、今年12月1日~来年3月31日は冬季休館します。

観覧料は一般600円、高校生以下無料、

記事の一部引用:銭函Catseye、北海道新聞


 

🐻👍『今日の1曲🎵』


🎵『save me』 Chiru


🐻👍Chiru さんの曲🎵です🎵
IMG_20201026_005024
🐻👍Chiru さんのsingle『Raison d'être』  ãŒ2月末に発売❕されました。

🐻👍chiru ã•ã‚“について…

🌟【HP】

🌟【YouTube】

🌟【Twitter】

🐻🔎《Amebaブログ(雨音の記憶)》

 ðŸ»ðŸ”Ž(検索❕)(特集記事❕)【Chiru â•ã€‘

http://sintomi1.livedoor.blog/archives/24634490.html




《🐻北海道人気ブログランキング❕と北海道にほんブログ村❕に参加しています🎵良ければ👍クリックをお願いします🙇⤵》



北海道人気ブログランキング


《🐻→🙇ブログランキング🎵のフォロー🎵もよろしくお願いします🙇⤵》


にほんブログ村 にほんブログ村へ

北海道にほんブログ村

(🐶ぶん公🎵にクリック👍をお願いします🙇⤵)

《🐻→🙇ブログ村のフォローもよろしくお願いします🎵》

後志が1番❗❗❗【livedoor】 - にほんブログ村


《🐻御覧頂きありがとうございます🎵🐻➡🙇⤵》









このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
sintomi1 at 00:50|Permalink│Comments(0)

2021年08月19日

🐻峯山冨美さんの没後10年企画展「私は運河を守れなかった」8/3運河プラザで公開❕

🐻✋小樽運河の埋め立てを巡る「運河論争」で、運河保存派の先頭に立った市民団体「小樽運河を守る会」の元会長、峯山冨美さん(1914~2010年)の没後10年企画展「私は運河を守れなかった」が8月3~22日、小樽運河プラザ3番庫(色内2)で開かれる。

IMG00133_(1)_(1)
峯山冨美さん

峯山さんと共に活動した有志らでつくる実行委の主催。「保存運動が小樽観光の発展につながった」という美談ではなく、全面保存できずに挫折した歴史をありのまま伝える。

真狩村出身の峯山さんは運河が完成した翌1924年(大正13年)、9歳で小樽へ移り住んだ。小学校勤務を経て主婦として73年に運河保存運動へ加わり、78年「守る会」2代目会長に就任。84年に会長を退くまで、埋め立てによる道路建設を推進する市や経済界と論争を繰り広げた。

《企画展❕》は‥峯山さんが著書に記した『運河に杭(くい)は打つ事が出来ても、運河を愛する市民の心に杭を打つ事はできない。』との言葉や当時の新聞記事から、峯山さんの活動や《保存運動》の歴史をパネルで伝えます。

写真や当時のポスター、チラシ等資料約100点も展示します。

《小樽運河保存運動❕》を契機に生まれたまちづくり団体や、全国の町並み保存の事例も紹介します。


ee579aad479eb0636e9b55e09594164b
1992年5月当時の峯山冨美さん

《企画展のタイトル❕》には‥峯山さんらが主張した《全面保存がかなわなかった当時の敗北感❕》を込めました。


719ae38fd75b9df93dbac830bfff3b17
実行委員会のメンバー

当時守る会のメンバーだった小笠原真結美さんは‥『運河は半分残り、小樽は観光地になったけど‥私達は今でも負けたと思っている。来場者に興味をもってもらい、事実を伝えたい』と話してました。
実行委員会の中一夫委員長は‥『地域に生きることの大切さを説いた峯山さんに学び、若い世代とまちづくりを考えたい』と話していたそうです。

🐻👍【小樽運河保存運動とは…】

ee8c5d74

国道5号線の慢性的な渋滞の緩和を目的に当時の志村和雄小樽市長が小樽運河に《臨港線の拡張❕》で小樽運河を《前面埋め立て❕》の都市計画を1966年(昭和39年)に決定していました。

地元市民❕から運河の《前面埋め立て》に反対❕が《根強く❕❕》なり、埋め立て反対派は1973年(昭和48年)に《小樽運河を守る会❕》を結束しました。

当時《小樽運河を守る会》の代表峰山冨美氏の小樽運河を守らなければならないの気持ちが…小樽市民に伝わり、10年以上にわたって最後迄反対運動❕を続けてきました。

1984年(昭和59年)小樽運河の埋め立ての反対署名も9万8000筆が集まりました。

同年、当時の横路孝弘北海道知事が…【計画の全面埋め立て】から【当時の小樽運河南側半分を埋め立て❕】案の指示を表明❕となりました。

1986年(昭和61年)埋め立て工事が完了しました。

私は…当時小学生だったので…目の前で運河の《埋め立て杭打ち工事❕》は…今でも悔しさが残ります。

今の小樽運河は《小樽の街》のシンボルとなり、全国から訪れる場所となりました。


IMG02651
夜の小樽運河

峯山さんが伝えたかった事を来場者の皆さんに知って頂きたいです。

《企画展》は8月3日~22日迄

小樽運河プラザ3番庫(色内2)で開催されます。入場無料❕

《お問い合わせは‥》 

実行委員会事務局(オー・プラン内)

☎️0134-29-1003 へ

IMG06183

🐶ぶん公と運河プラザ


記事の一部引用:北海道新聞

【🐻👍🎵今日の1曲🎵】


🎵『Raison d'être』   Chiru 

🐻👍Chiru さんの新曲🎵です🎵
IMG12168~2-1


🐻👍single『Raison d'être』  ãŒ2月23日に発売❕されました。

🐻👍chiru ã•ã‚“について…

🌟【HP】

🌟【YouTube】

🌟【Twitter】

🐻🔎《Amebaブログ(雨音の記憶)》


🐻🔎(検索❕)(特集記事❕)【Chiru â•ã€‘

《🐻北海道人気ブログランキング❕と北海道にほんブログ村❕に参加しています🎵良ければ👍クリックをお願いします🙇⤵》



北海道人気ブログランキング


《🐻→🙇ブログランキング🎵のフォロー🎵もよろしくお願いします🙇⤵》


にほんブログ村 にほんブログ村へ

北海道にほんブログ村

(🐶ぶん公🎵にクリック👍をお願いします🙇⤵)

《🐻→🙇ブログ村のフォローもよろしくお願いします🎵》

後志が1番❗❗❗【livedoor】 - にほんブログ村


《🐻御覧頂きありがとうございます🎵🐻➡🙇⤵》





《🐻北海道人気ブログランキング❕と北海道にほんブログ村❕に参加しています🎵良ければ👍クリックをお願いします🙇⤵》






北海道人気ブログランキング




にほんブログ村 にほんブログ村へ

北海道にほんブログ村



(🐶ぶん公🎵にクリック👍をお願いします🙇⤵)



《🐻御覧頂きありがとうございます🎵🐻➡🙇⤵》



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
sintomi1 at 13:50|Permalink│Comments(0)