余市町・仁木町・共和町・倶知安町

2022年11月26日

🐻小樽・長万部間並行在来線のバス転換で長万部・余市間を減便に❕

🐻✋2030年度末に予定される北海道新幹線札幌延伸に伴い、JR北海道から経営分離し、バス転換する並行在来線の函館線小樽―長万部間(140・2キロ)について、道は6日、長万部―黒松内、黒松内―倶知安、倶知安―余市、余市―小樽の4区間に分け、バスダイヤの方針案を示した。



運行予定本数は、余市―小樽など輸送人員が多い区間で現行のJRと同等以上を確保する一方、長万部―黒松内、倶知安―余市は減便する内容とした。

同案は6日、小樽・後志管内倶知安町で開かれた道と沿線9市町の会合で示された。

利用者の生活圏を踏まえて分けた4区間について、各区間内を走るバスの運行予定本数を提示した。

バス転換する並行在来線函館線小樽―長万部間について道が6日示したバスダイヤの方針案は、一部区間で運行本数を現行のJRより減らすなど、費用対効果を意識した内容となった。

高校への通学時間や、デマンド型交通で補完する場合の事業主体など残された論点も多く、来年1月以降の具体的なダイヤ案の決定には曲折が予想される。

倶知安町で開かれた会合で、道はバスダイヤの方針案を沿線9市町に提示。

小樽―長万部間の4区間のうち、黒松内―倶知安と余市―小樽はJRと同等以上の運行本数を確保するとした。



長万部―小樽、長万部―倶知安、倶知安―小樽といった、現行のJRと同様の区間横断的な長距離路線も一部残すほか、倶知安発長万部行きで午後2~3時台の便を新設する。

IMG02524_(1)

小樽~長万部間のバス転換について、対象路線になっている《ニセコバス》(本社:ニセコ)は現在も乗務員不足でもあり、グループの親会社《北海道中央バス》(本社:小樽)から乗務員の派遣をしているのが現状である。

今後はバス転換になった際についても課題が発生する。

小樽では12月3・4日に沿線塩谷、蘭島地区対象の住民説明会を開催する。

今回の説明会は…小樽市民全体対象と会場は含まれていない。

小樽~余市間のバス転換や塩谷地区のデマンド交通等について説明を行う予定だが、北海道新幹線《新小樽駅》整備計画の内容や、バス転換後の塩谷・蘭島駅の活用方法についても質問が予想される。

記事の一部引用:北海道新聞

【🐻👍🎵今日の1曲🎵】

🎵『Let It Be』SHII







🐻👍SHII さんについて…🌟🌟🌟

🐻🔎(検索❕)【SHII ã•ã‚“のYouTube❕❕】

🐻🔎(検索❕)【SHII ã•ã‚“のTwitter❕(SHII â€•åŒ—海道~)】

🐻🔎(検索❕)【しいなのお部屋❕ â•(楽天ブログ)】

 ðŸ»ðŸ”Ž(検索❕)【SHII さんのAmebaブログ❕(SHII â€•åŒ—海道~)】

🐻🔎(検索❕)(特集記事❕)【SHII â•â•ã€‘(SHIIlist)



《🐻北海道人気ブログランキング❕と北海道にほんブログ村❕に参加しています🎵良ければ👍クリックをお願いします🙇⤵》



北海道人気ブログランキング


《🐻→🙇ブログランキング🎵のフォロー🎵もよろしくお願いします🙇⤵》


にほんブログ村 にほんブログ村へ

北海道にほんブログ村

(🐶ぶん公🎵にクリック👍をお願いします🙇⤵)

《🐻→🙇ブログ村のフォローもよろしくお願いします🎵》

後志が1番❗❗❗【livedoor】 - にほんブログ村


《🐻御覧頂きありがとうございます🎵🐻➡🙇⤵》
























このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
sintomi1 at 01:11|Permalink│Comments(0)