増加

2022年12月07日

🐻2022年度上期小樽の観光客数が増加❕&小樽の宿泊税《定額制》に賛同❕

🐻✋小樽市は11月30日、2022年度上期(4~9月)の観光客数が前年度同期比52・2%増の207万3500人だったと発表した。

<11/30道新記事(小樽)>https://www.hokkaido-np.co.jp/sp/article/767823/


道外客を中心に回復傾向で、修学旅行の宿泊客数も同約7倍の8161人に上るなど、好材料が目立つ。

ただ新型コロナウイルス禍前の19年度上期に比べほぼ半減にとどまっており、市はさらなる回復に期待をかける。

IMG00716_HDR_(1)

迫俊哉小樽市長は同日の定例記者会見で、「行動制限緩和に伴う旅行機運の高まが数字に表れた」と述べた。



f2f3852a2d81a55d2dbdd4cd6491df31

小樽市によると…観光客はそれぞれ前年度同期比で《道外客》が約2・1倍の103万800人、《道内客》が19・6%増加の104万2700人、《日帰り客》は43・8%増加の170万2000人、《宿泊客》は約2・1倍の37万1500人で、宿泊客のうち外国人客は約2・7倍の1195人だった。


🐻👍【小樽の宿泊税《定額制》に賛同❕  】

<12/1道新記事(小樽)>https://www.hokkaido-np.co.jp/sp/article/768555/


小樽市が導入方針を固めている法定外目的税「宿泊税」についての有識者会議(座長・内田純一小樽商大大学院教授)は1日、市役所で第4回会合を開き、宿泊税で確保した財源を、市内の歴史遺産(歴史的建造物)や街並みの保全、観光関連のインフラ整備などに活用するよう求める提言書案を公表した。

来年2月の会合で正式な提言書を取りまとめ、本年度内に迫俊哉市長に提出する予定。

53a0b1d79b58a70f5c42c85726d71f00


有識者会議は2019年に市が設置し、新型コロナウイルス感染拡大の影響で約1年間、会合が開かれていなかった。

小樽市は今後、観光客数の回復を見据え、宿泊税の制度など具体的な検討を加速させる。





記事の一部引用:北海道新聞


🐻👍【今日の1曲🎵】

🎵『Two Roses🌹』 Chiru 

(🐻👍Chiruさんの『Two Roses🌹』のPV には…小樽運河、旧手宮線跡地、北海道庁赤レンガ、札幌の豊平館が含まれています。 )


8b7b7490

20211114_194010

Chiruさん曲の『Two Roses🌹』のMVにも旧手宮線が使われています。(Chiruさんの後ろ姿です。)(画像協力:Chiru)


IMG12168~2-1


シングル『Raison d'être』  ãŒãŸã ã„ま発売中❕。

🐻👍chiru ã•ã‚“について…

🌟【HP】

🌟【YouTube】https://www.youtube.com/channel/UCnMfTB3iVNMEk3G9Sp1pdag


🌟【Twitter】https://twitter.com/ananchirukodayo?s=09

 ðŸ»ðŸ”Žã€ŠAmebaブログ(雨音の記憶)》https://ameblo.jp/chiruko0307/


《🐻北海道人気ブログランキング❕と北海道にほんブログ村❕に参加しています🎵良ければ👍クリックをお願いします🙇⤵》



北海道人気ブログランキング

《🐻→🙇ブログランキング🎵のフォロー🎵もよろしくお願いします🙇⤵》



にほんブログ村 にほんブログ村へ

北海道にほんブログ村

(🐶ぶん公🎵にクリック👍をお願いします🙇⤵)

《🐻→🙇ブログ村のフォローもよろしくお願いします🎵》


後志が1番❗❗❗【livedoor】 - にほんブログ村


《🐻御覧頂きありがとうございます🎵🐻➡🙇



























このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
sintomi1 at 01:50|Permalink│Comments(0)