季節の中で

2022年08月14日

🐻松山千春がプロデュースする「シンガーソングライター発掘オーディション最終審査」が札幌で開催❕&デビュー35周年十勝ライブ❕

🐻✋フォークシンガーの松山千春(66)が主催する「シンガーソングライター発掘オーディション最終審査」が8日、札幌市のSTVホールで行われ、最優秀賞に東京都の小川哲央さん(23)、優秀賞に福岡県の柴牟田更沙(しむた・つかさ)さん(25)が選ばれた。

20220809-00340546-encount-000-1-view
松山千春(中央)と記念写真に納まる最優秀賞の小川哲央さん(左)と優秀賞の柴牟田更沙さん

小川さんは、多摩美術大卒で劇団民話芸術座に勤務。宮沢賢治の大ファンでオリジナル曲は「50~60曲」と明かした。

柴牟田さんは、会社勤務をしながらシンガーソングライターを目指してきたという。

2人は今後、千春の事務所「オフィス・ゲンキ」に所属し、メジャーデビューを目指す。

アーティスト自らが主催者となり、新人発掘を目指す異例のオーディションは、千春の「10年後、20年後でも通用できる実力派のシンガーを発掘したい」との希望で企画された。

今春4月1日から募集を開始。全国から140組超の応募があった。

募集条件は「18歳~29歳」だったが、事務所関係者は「30~40代からの応募も多かった」と明かした。 

そして、最終審査は1次審査を通過した10組で競われた。

当初は「第2の松山千春」を探すことを1つのテーマにしていたが、10組のうち2組が姉妹ユニットと男女ユニットで、女性ソロが5組だったことから、千春は「驚いた。

正直言って男性はもっと頑張ってほしかったな」と本音を明かした。

それでも、「出場者全員、素晴らしい才能を持っている」と評価。歌を聴いた上で「全員が原石だった。これからも曲作りを続けていってほしい」と話した。

🐻👍【松山千春の生い立ち❕】

IMG_lokrrq

千春は1975年(昭50)、「全国フォーク音楽祭 北海道大会」に出場。落選で全国大会に進めなかったが、審査員を務めていたSTVラジオのディレクター、竹田健二氏との出会いもあり、2年後の77年にレコードデビューを果たした。

そして、45年前の同年8月8日、千春は札幌市の北海道厚生年金会館で初めて有料コンサートを行った。 

それから45年。千春が「自分のやってきた活動には悔いはないが、次の時代を担う新しいシンガーソングライターを自分が関わって育てていきたい。

最近は、いくら聴いてもなかなか心に刺さるような楽曲がない」と話したことで、今回のオーディションが企画された。

🐻👍【松山千春デビュー35周年十勝ライブ❕】

①【TUBEの前田とコラボ《あー夏休み》《長い夜》】(動画約12分22秒)



②【十勝ライブ❕《帰郷》《この道寄り道廻り道》《旅立ち》】(動画約19分43秒)



③【十勝ライブ❕(涙のメッセージ)】(動画約22分49秒)

《🐻北海道人気ブログランキング❕と北海道にほんブログ村❕に参加しています🎵良ければ👍クリックをお願いします🙇⤵》




北海道人気ブログランキング

《🐻→🙇ブログランキング🎵のフォロー🎵もよろしくお願いします🙇⤵》



にほんブログ村 にほんブログ村へ

北海道にほんブログ村

(🐶ぶん公🎵にクリック👍をお願いします🙇⤵)

《🐻→🙇ブログ村のフォローもよろしくお願いします🎵

後志が1番❗❗❗【livedoor】 - にほんブログ村


《🐻御覧頂きありがとうございます🎵🐻➡🙇⤵》































このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
sintomi1 at 00:50|Permalink│Comments(0)