山菜取り

2022年05月22日

🐻小樽市保健所が山菜採りの際に山菜と有毒植物の特徴のハンドブックを配布❕&山菜採りの際クマに注意を❕&小樽でウニ漁が解禁❕例年より2割高に❕

🐻✋春の山菜採りシーズンを迎え、小樽市保健所は、山菜と間違えて有毒植物を食べないよう市民に注意喚起している。


3a3ee9dc3f32c56d1c4555ab931a201f-2
ハンドブックを手に有毒植物の誤食防止を呼び掛ける小樽市保健所職員

小樽市内では4月にトリカブトを食べた2人が入院するなど、4年連続で有毒植物による食中毒が発生し、昨年は死者も出ていることから、市保健所の担当者は「確実に山菜と判断できないものは絶対に食べないで」と強く呼び掛けている。

今年4月に発生した食中毒は、知人からシャクとして譲り受けた野草を食べた2人が腹痛や意識障害などを訴え入院。市保健所の検査で、調理したシャクに有毒植物のトリカブトが混入していたことが分かった。


e880cf35d2006b57a3794ccd4a969334-1

トリカブトの誤食による食中毒は、小樽市内では2019年にも発生している。昨年5月には‥《有毒植物》の《イヌサフラン》をギョウジャニンニクと誤って食べ、80代の男性が亡くなっている。

小樽市保健所は‥特にギョウジャニンニクとイヌサフランを間違える例が全国的に多いと注意を促す。

同保健所は‥『混入の可能性もあるので、必ず1本づつ確認し、食べて異常を感じたら一刻も早く病院に行って欲しい』と強調する。


3a3ee9dc3f32c56d1c4555ab931a201f-1_(1)
北海道発行のハンドブック

北海道発行の《山菜と有毒植物の特徴❕》をまとめたハンドブックを配布している。

《お問い合わせは‥》生活衛生課

☎️0134-22-3118 へ

🐻👍【山菜採りの際クマに注意を❕】

小樽市天神2の勝納川沿いにある小樽市消防本部訓練場付近で19日朝、子グマの目撃情報が2件、小樽署に寄せられた。

90ff2bac63e7c3a9ffd68a384b859641
子グマが目撃された天神2の現場付近に、小樽市が設置した注意を呼びかける看板

同署によると、小樽市内でのクマ目撃情報は今年初めて。

現場から住宅街までは勝納川を挟んで直線距離で約50メートルと近く、同署や市は付近住民に注意を呼びかけている。

小樽署によると、同日午前6時10分ごろ、小樽市消防訓練場の敷地に子グマがいるのを付近の建物内にいた男性が見つけ、110番した。

午前9時ごろには、訓練場から北東へ約400メートル離れた場所を子グマが歩いているのを別の男性が見つけ、付近を警戒中の警察官に通報した。

IMG00341_(1)
IMG00340
小樽市消防本部訓練場

小樽署は‥同一の子クマ1頭とみられ、体調は約1メートル、山の中に姿を消したという。

小樽市によると子クマの足跡は見つかったが‥親クマの足跡がなかったという。


98412632
大人の親クマ(体長は2メートルほどあるとされている。)

小樽市農林水産課の担当者は‥『ふんを見つけたらすぐ立ち去るなどして、クマと遭遇しないように注意して欲しい』と呼びかけている。

小樽市消防本部は翌20日の訓練場での訓練は通常通り行われ、クマが現れる事がなかった。

今後も油断が出来ないので、山菜採りの際は注意して欲しいです。

🐻👍【小樽でウニ漁が解禁❕ウニが例年より2割高に❕】

小樽沿岸でウニ漁が解禁となり、初競りが17日に小樽市漁協地方卸売市場(色内3)で行われた。


004e0af9a8d20c88bdc67cea51c57afb-1
小樽市漁協地方卸売市場で競りにかけられる小樽沿岸のウニ

同漁協によると品質は上々で、ロシアによるウクライナ侵攻の影響で、店頭価格は昨年より高めという。

今年の漁は15日解禁だったが、しけのため16日に始まった。


02
04
忍路(おしょろ)漁港でのウニ漁

同漁協所属の25隻が操業し、身がオレンジ色のエゾバフンウニと、うす黄色のキタムラサキウニの2種類を採った。

ウニ漁は8月31日迄行われます。


42246fc8
小樽産の生ウニ

一般に回る初ウニの価格は‥例年より2割から4割高となっています。


記事の一部引用:北海道新聞 

🐻👍『今日の1曲🎵』

🎵『save me』 Chiru


🐻👍Chiru さんの曲🎵です🎵
IMG_20201026_005024
🐻👍Chiru さんのsingle『Raison d'être』  ãŒç™ºå£²ä¸­â•ã§ã™ã€‚

🐻👍chiru ã•ã‚“について…

🌟【HP】

🌟【YouTube】

🌟【Twitter】

🐻🔎《Amebaブログ(雨音の記憶)》

 ðŸ»ðŸ”Ž(検索❕)(特集記事❕)【Chiru â•ã€‘

http://sintomi1.livedoor.blog/archives/24634490.html





《🐻北海道人気ブログランキング❕と北海道にほんブログ村❕に参加しています🎵良ければ👍クリックをお願いします🙇⤵》



北海道人気ブログランキング


《🐻→🙇ブログランキング🎵のフォロー🎵もよろしくお願いします🙇⤵》


にほんブログ村 にほんブログ村へ

北海道にほんブログ村

(🐶ぶん公🎵にクリック👍をお願いします🙇⤵)

《🐻→🙇ブログ村のフォローもよろしくお願いします🎵》

後志が1番❗❗❗【livedoor】 - にほんブログ村

《🐻御覧頂きありがとうございます🎵🐻➡🙇⤵》












  

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
sintomi1 at 00:50|Permalink│Comments(0)

2021年04月08日

🐻小樽管内の春山登山にご注意❕❕

🐻✋小樽管内で春山登山や山菜採り中の遭難が相次いでいます。

小樽市と札幌市にまたがる春香山(標高907メートル)の登山道で4日、登山をしていた男女2人が一時遭難。泊村の山林では3日、高齢男性が山菜採り中に行方不明になり、5日夕までに見つかっていない。今年は雪解けが早く、入山者が増えることも予想され、専門家らは備えを万全にするよう注意を呼びかけている。

8c7b5104d8597d337a34f94849bb2c45
小樽市内の塩谷丸山で4日、しっかりとした装備で登山する自然観察会の参加者。この時期は厚着など適切な装備が必要です。

北海道小樽市の春香山で登山中の50代の男女が一時遭難しましたが、通報から約4時間後に無事発見されました。警察は山菜採りや本格的な登山シーズンに向けて、注意を呼びかけています。

山岳遭難があったのは、北海道小樽市と札幌市南区にまたがる「春香山」(標高906メートル)です。

小樽署や消防によりますと…4月4日午後5時30分ごろ、春香山に入山していた札幌市西区に住む50代の男女から「登山中に迷い、いる位置がわからなくなり、霧が出て動けなくなった」などと携帯電話から110番通報がありました。


t-image
北海道警察小樽署

当時2人は小樽市内の登山口から入山し、春香山の頂上まで散策し下山する途中でした。

通報した際、2人が下山中に中腹の銭函峠の分岐点を誤って札幌方向へ進んでいたことがわかり、警察などは分岐点へ戻るよう指示。

通報から1時間以上経過し2人は分岐点までたどり着きましたが、日が暮れ疲労もあったことで再度通報を寄せていました。

警察や消防が山に入り、最初の通報から約4時間後の午後9時30分ごろ、市消防が登山道途中の銭函峠の分岐点付近で2人を発見。2人にケガはなく、自力で山に入った小樽市方向へ戻ったということです。

当時山では濃い霧が出ていたほか小雪も舞っていたことで登山道を進めなくなり、道を間違えたとみられています。


4138ccc2a841bf54bf0d636ec1880c23


4月に入り北海道内ではギョウジャニンニクを採りに山へ入った男性が行方不明になるなど山岳遭難が相次いでいて、警察は本格的な登山シーズンを前に注意を呼び掛けています。

早春の塩谷丸山(小樽市塩谷、629メートル)を登る自然観察会が4日行われ、参加した市民20人は、春本番に向けて歩みを進める木々や鳥たちを楽しんだ。


244ec38631e824e0fa8637762c9c64ac
日本海や積丹半島の絶景を背後に、足元の軟らかい残雪に気を付けて山頂を目指す参加者

北海道ボランティアレンジャー協議会小樽支部の主催。本年度に市内で9回予定する自然観察会の初回で、一定間隔を開けて隊列をつくるなどの新型コロナ対策を講じて実施した。


記事の一部引用:北海道文化放送、北海道新聞、

【🐻👍🎵今日の1曲🎵】


1364263422_b


🎵『略奪愛』 Punky Punk・CHIKA 


🐻👍CHIKA さんについて…

 ðŸ»ðŸ”Ž(検索❕)【Punky Punk(YouTube)】
🐻🔎(検索❕)【CHIKA  ã•ã‚“のTwitter❕❕】

《👍🎵北海道人気ブログランキングと北海道にほんブログ村❕に参加しています🎵良ければ👍クリックをお願いします🙇⤵》



北海道人気ブログランキング
 




にほんブログ村 にほんブログ村へ

北海道にほんブログ村



(🐶ぶん公🎵にクリック👍をお願いします🙇⤵)



《🐻御覧頂きありがとうございます🎵🐻➡🙇⤵》








このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
sintomi1 at 13:50|Permalink│Comments(1)