沙良峰夫展

2021年11月18日

🐻あがた森魚さんが第2の故郷小樽で特別展のライブを披露❕【市立小樽文学館】&たそがれオールスターズが11/28(日)岩見沢でライブ❕

🐻✋市立小樽文学館(色内1)で開催中の特別展《詩人沙良峰夫》展の展示室で14日、幼少期を小樽で過ごした音楽家・シンガーソングライター《あがた森魚》さん(73歳)のライブが小樽文学館で開かれました。


IMG00902_HDR_(1)~2
あがた森魚さん

来場者約20人は熱をこもった歌声に聞き入りました。

同館を支援する市民団体《小樽文学舎》の主催で、あがたさんは‥岩内町出身の詩人《沙良峰夫》(1901年~1921年)と交流のあった文化者《稲垣足穂》(1900年~1977年)を敬愛❕しており、特別展に合わせてライブを開きました。


IMG00698_HDR_(1)
市立小樽文学館

展示室では‥沙良の生涯を紹介する展示資料を読み上げながら、自身の曲『太陽系というふる郷』等を熱唱❕、大正時代の詩人に思いをはせていました。

🐻👍🎵『ほしのふる郷』あがた森魚

同展示を監修した岩内町出身の詩人で美術評論家の《柴橋伴夫》さん(74歳)とあがたさんの対談も行われました。

また‥あがたさんは小樽に来た際、関係者の皆さんから‥あがたさんにブログ記事で掲載している北海道在住のシンガー・ボーカリストのSHIIさんの曲を紹介して頂き、あがたさんが聴いてくれたそうです。

あがたさんが曲を聴いてくれた事について、SHIIさんからは‥『ブログ記事、拝見いたしました。本当にありがたいです。ありがとうございます。』と感激の言葉を頂きました。

あがたさんの人柄の良さを実感しました。本当に感謝いたします。

8GZuSoQ8

シンガー・ボーカリストのSHIIさん

🐻🔎(検索❕)【11/13(土)  è©©äººæ²™è‰¯å³°å¤«ç”Ÿèª•120周年企画展(ブログ記事)❕ â•ã€‘http://sintomi1.livedoor.blog/archives/27818630.html

 

市立小樽文学館や小樽文学舎、あがた森魚さん、あがた森魚さんの関係者の皆さん❕この場を借りて本当にお礼をさせていただきます。本当にありがとうございます。

特別展《詩人沙良峰夫》展は11月28日迄市立小樽文学館で展示しています。

20211111_194636


【🐻👍🎵今日の1曲🎵】

🎵『Stairway To Heaven ã€(天国への階段)    SHII


Led Zeppelinのカバー曲です。


🐻👍SHII さんについて…🌟🌟🌟

🐻🔎(検索❕)【SHII ã•ã‚“のYouTube❕❕】

🐻🔎(検索❕)【SHII ã•ã‚“のTwitter❕(SHII â€•åŒ—海道~)】

 ðŸ»ðŸ”Ž(検索❕)【SHII さんのAmebaブログ❕(SHII â€•åŒ—海道~)】

🐻🔎(検索❕)(特集記事❕)【SHII â•â•ã€‘


🐻👍【市立小樽文学館からお知らせ❕】

IMG00696

🐻👍【たそがれオールスターズが11/28(日)岩見沢でライブ開催❕】

紋別に拠点をおいているバントグループ《たそがれオールスターズ》が28日岩見沢のホテルサンプラザでライブを開催します。
たそがれオールスターズのライブはコロナ禍の影響で休止状態でしたが‥28日の岩見沢ライブを皮切りに北海道内からライブを開始になります。
20211114_194806
20211115_211759
20211011_231741247260883_1522284578158715_9179189140556032015_n

メンバーには‥小樽記事でも協力を頂いているSHIIさんも参加しています。

前売券100枚はすでに完売になりましたが‥関係者の話では‥岩見沢のライブを皮切りに今後もライブ活動を開始します。皆さん応援をよろしくお願いします。と述べました。

皆さん是非応援をよろしくお願いします。


   

記事の一部引用:市立小樽文学館、北海道新聞


《🐻北海道人気ブログランキング❕と北海道にほんブログ村❕に参加しています🎵良ければ👍クリックをお願いします🙇⤵》



北海道人気ブログランキング


《🐻→🙇ブログランキング🎵のフォロー🎵もよろしくお願いします🙇⤵》


にほんブログ村 にほんブログ村へ

北海道にほんブログ村

(🐶ぶん公🎵にクリック👍をお願いします🙇⤵)

《🐻→🙇ブログ村のフォローもよろしくお願いします🎵》

後志が1番❗❗❗【livedoor】 - にほんブログ村


《🐻御覧頂きありがとうございます🎵🐻➡🙇⤵》










 




このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
sintomi1 at 01:50|Permalink│Comments(0)