無償譲渡

2022年06月19日

🐻火の見やぐらを無償で譲渡❕《小樽市消防団・まもる会》&小樽市内の火災4月・5月に11件❕《小樽市消防本部》

🐻✋小樽市入船の住ノ江会館そばに立つ築95年の「火の見やぐら」を、所有してきた小樽市消防団第6分団が、保存活動に取り組む住民団体「小樽住ノ江の火の見櫓(やぐら)をまもる会」(早川陽子代表)に無償譲渡した。

259ee4c1_(1)~2
34cd5c2a5e13b8821b74a675d1109ae8

火の見やぐらは鋼鉄製で高さ14メートル。1927年(昭和2年)の完成で、火災現場を確認したり、半鐘を鳴らして火災発生を知らせたりするために使われていたが、通信手段の発達などで本来の役割は終えている。

1986年に、隣接する町内会館の建て替えに伴い約10メートル離れた小樽市消防団第6分団近くに移されたが、近年は利用されていなかった。

小樽市消防団第6分団は‥老朽化が進む中で、維持補修費用が捻出できないと判断して、7月頃にも解体する方針を決めていた。

こうした状況を受けて、小樽市民ら有志8人が3月下旬に保存に向けて会を設立、会で所有、管理する方針が決まった。

まもる会によると、戦前に完成して、戦時中の金属供出を免れた《銅鉄製》のものは珍しい上に、《見張り台の半鐘》も残っていて大変貴重だという。

6月5日にまもる会と第6分団は小樽市内で書面を交わし、分団が所有していた《火の見やぐら》をまもる会に無償で譲渡した。

早川代表は‥『今まで大切にして頂きありがとうございます。』と第6分団に感謝を述べた。

高橋寿明分団長(59歳)は‥『大先輩達が登っていた火の見やぐら。できることがあれば協力したい』と話した。

259ee4c1

まもる会は今後、火の見やぐらの状態や耐久性を調査し、補修計画をまとめる。

将来的には国の有形文化財登録を目指し、地域遺産として守り伝えていく考えだ。

まもる会と第6分団は6月中に共同で、火の見やぐらに絡まる植物などを取り除く。

まもる会は‥今後、補助金やクラウドファンティングなどで保存に必要な資金を確保する方向で準備を進めている。

🐻👍【小樽市内の火災4月・5月に11件❕《小樽市消防本部》】

小樽市消防本部がまとめた今年4月・5月の小樽市内の《火災発生件数》は11件で、前年同期(5件)の2倍超だった。

昨年は発生件数が少なく、ほぼ平年並みに戻ったが、4月~6月は例年野火が発生しやすく、同本部は屋外での火の取り扱いは特に注意するよう促している。

003
小樽市消防本部のはしご車

今年4月・5月に発生した🚒《火災の内訳》は‥建物火災6件、車両火災1件、野火などその他が4件だった。

負傷者は4月が1人、5月が2人だった。

IMG02356~2_(1)

小樽市消防本部によると、4月~6月は枯れ草が乾燥した状態で空地などに残っていることが多く、ゴミ焼きや捨てられたたばこから引火しやすいという。

屋外の枯れ草から燃え広がった火災は、今年5月に2件あった。

同本部は‥『車からのたばこの投げ捨てなどは絶対しないで欲しい』(予防課)と呼びかけている。

🐻👍【小樽市消防本部はTwitterをはじめました。】

003a4c4d857455df4c96ccc400fc12ece9f




記事の一部引用:小樽市消防本部、北海道新聞

🐻👍🎵【今日の1曲🎵】 

🎵『あなたのいない朝』 Chiru

🐻✋《#Chirulist》にも新曲❕『#あなたのいない朝』を入れました。是非聴いて下さい。🙇⤵️

NEC_0041_(1)~2_(1)

🐻🔎(検索❕)(特集記事❕)【Chiru list❕】はこちら↓
https://t.co/7mRKO8nVM4
 
#Chiru 《#Chiruファンを増やそう❕》




シングル『Raison d'être』  ãŒãŸã ã„ま発売中❕。

🐻👍chiru ã•ã‚“について…

🌟【HP】

🌟【YouTube】https://www.youtube.com/channel/UCnMfTB3iVNMEk3G9Sp1pdag


🌟【Twitter】https://twitter.com/ananchirukodayo?s=09

 ðŸ»ðŸ”Žã€ŠAmebaブログ(雨音の記憶)》https://ameblo.jp/chiruko0307/

🐻🔎(検索❕)(特集記事❕)【Chiru list❕】

《🐻北海道人気ブログランキング❕と北海道にほんブログ村❕に参加しています🎵良ければ👍クリックをお願いします🙇⤵》



北海道人気ブログランキング

《🐻→🙇ブログランキング🎵のフォロー🎵もよろしくお願いします🙇⤵》



にほんブログ村 にほんブログ村へ

北海道にほんブログ村

(🐶ぶん公🎵にクリック👍をお願いします🙇⤵)

《🐻→🙇ブログ村のフォローもよろしくお願いします🎵》


後志が1番❗❗❗【livedoor】 - にほんブログ村


《🐻御覧頂きありがとうございます🎵🐻➡🙇⤵》



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
sintomi1 at 00:50|Permalink│Comments(0)

2022年01月30日

🐻小樽市が8月1日で市制施行100年❕&北海製罐が第3倉庫を小樽市へ無償譲渡❕&小樽都通り商店街の《さかえや洋品店》94年に幕❕

🐻✋【小樽市が8月1日で市制施行100年❕】

小樽市は2022年8月1日、市制施行100年の節目を迎える。1922年(大正11年)、札幌、旭川、函館、室蘭、釧路とともに道内初の市の一つとなり、商都としての隆盛と衰退を経て、小樽運河を中心とした観光都市へと変貌を遂げた。


IMG01473
小樽運河

1618396389_photo-1
小樽市内の夜景

これまでの100年を次の100年へどうつなげていくのか。

小樽市は記念式典開催や記念冊子作成を計画。民間主体でも、歴史・文化あふれるまちづくりを受け継ぎ、若者世代を引きつける取り組みが始まっている。

小樽市は、市制施行の翌23年(大正12年)に小樽運河が整備されるなど、明治から昭和初期にかけ北日本随一の港湾商業都市として発展した。


2c468bf61c41973334e7d1c83caf5bd2
小樽運河沿いなどで行われ、多くの人出でにぎわったポートフェスティバル=1983年7月

小樽ゆかりのプロレタリア作家小林多喜二はこの時期を随筆「故里(ふるさと)の顔」で「北海道の『心臓』みたいな都会である」と記した。

🐻👍【北海製罐が第3倉庫を小樽市へ無償譲渡❕】

解体が回避された小樽市歴史的建造物の北海製缶小樽工場第3倉庫(港町)について、小樽市は倉庫を所有していた北海製缶(本社:東京)から、土地・建物の無償譲渡と当面の保全費として1000万円の寄付を受けた。

561da7006e3b8afff11f80a1ee671fa0~2

ca6840557cdfca1df98374b7e1d599d0
439fdcd151da706b1fc2246b36fed9c3

12月22日に小樽市役所で贈呈式が行われた。これにより第3倉庫は市の新たな公共施設となり、具体的な活用策を探っていくことになる。

解体検討が表面化した昨年10月からの存廃を巡る議論は区切りを迎えた。

 

🐻👍【小樽都通り商店街の《さかえや洋品店》94年に幕❕】

小樽都通り商店街(稲穂2)に店を構える紳士服専門店「さかえや洋品店」が31日で閉店し、94年の歴史に幕を閉じる。

85ddb4ad19c39aeeb0974f0efbd38bd7


31日で閉店する「さかえや洋品店」の前に立つ角間恵子さん

経営する角間功さん(80)は商店街の活性化に尽力し、妻の恵子さん(74)と店を長年切り盛りしてきたが、2人とも体調が悪化し決断した。商店街仲間や常連客からは惜しむ声が上がっている。

店は都通りが「電気館通り」と呼ばれていた1927年(昭和2年)に、功さんの父が創業。功さんは20代半ばで後を継いだ。時代は高度成長期。靴下や肌着を中心に販売し、品物はどんどん売れた。恵子さんは「夫はお客さんを大事にする人。大忙しで死にものぐるいだった」と懐かしむ。



記事の一部引用:北海道新聞




🐻👍【🎵今日の1曲🎵】


🎵『Two Roses🌹』 Chiru 



(🐻👍Chiruさんの『Two Roses🌹』のPV には…小樽運河、旧手宮線跡地、北海道庁赤レンガ、札幌の豊平館が含まれています。 )

IMG00655_HDR20211114_194010

Chiruさん曲の『Two Roses🌹』のMVにも旧手宮線が使われています。(Chiruさんの後ろ姿です。)(画像協力:Chiru)


IMG12168~2-1


🐻👍Chiru さんのsingle『Raison d'être』  ãŒãŸã ã„ま発売中❕。

🐻👍chiru ã•ã‚“について…

🌟【HP】

🌟【YouTube】https://www.youtube.com/channel/UCnMfTB3iVNMEk3G9Sp1pdag


🌟【Twitter】https://twitter.com/ananchirukodayo?s=09

 ðŸ»ðŸ”Žã€ŠAmebaブログ(雨音の記憶)》https://ameblo.jp/chiruko0307/


《🐻北海道人気ブログランキング❕と北海道にほんブログ村❕に参加しています🎵良ければ👍クリックをお願いします🙇⤵》



北海道人気ブログランキング

《🐻→🙇ブログランキング🎵のフォロー🎵もよろしくお願いします🙇⤵》



にほんブログ村 にほんブログ村へ

北海道にほんブログ村

(🐶ぶん公🎵にクリック👍をお願いします🙇⤵)

《🐻→🙇ブログ村のフォローもよろしくお願いします🎵》


後志が1番❗❗❗【livedoor】 - にほんブログ村


《🐻御覧頂きありがとうございます🎵🐻➡🙇

[






このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
sintomi1 at 00:50|Permalink│Comments(0)

2021年11月02日

🐻北海製罐第3倉庫の小樽市に無償譲渡で存続決定❕&11/1から小樽運河・余市をライトアップゆき物語開始❕

🐻✋存続が決まった小樽運河沿いの歴史的建造物「北海製缶小樽工場第3倉庫」(港町)について、小樽市の迫(はざま)俊哉市長は10月28日、臨時記者会見を開き「第3倉庫は小樽市にとって重要な観光資源。全力を挙げて(保全・活用に)取り組んでいく」と決意を述べた。


f02bac5a21cda6cde187ac9c480bfefb561da7006e3b8afff11f80a1ee671fa0~2
北海製罐第3倉庫

北海製缶(東京)が同日、東京都内で取締役会を開き、市が求めていた土地・建物の市への無償譲渡と1千万円の寄付を決めた。

北海製缶の武田卓也常務は‥『観光資源として活用できる方法を考えてぐれればありがたい。』と話しました。

迫俊哉小樽市長は‥臨時記者会見で、北海製罐側と合意を得たと報告しました。

4073929d8f8629588ea49765f4842ef7

迫小樽市長の記者会見内容動画(約4分30秒)

迫市長は活用の課題として、観光客を北運河地区で回遊させるための観光戦略の構築や本格活用に向けた開発者のリサーチ、1924年(大正13年)建築の市指定歴史的建造物で老朽化が進む建物の維持・修繕費の捻出を挙げた。その上で「第3倉庫の歴史性と景観を市が守ることは、歴史的な街並みを生かした個性あるまちづくりを進めるために不可欠だ」と市の所有に理解を求めた。

実際の譲渡時期は‥12月下旬の見通しです。


🐻👍【11/1から小樽・余市ゆき物語開始❕】

小樽と余市の両観光協会は‥冬の観光キャンペーン《小樽・余市ゆき物語》を11月1日から来年1月31日迄展開します。

今季はコロナ禍対策で、小樽・余市両市町の周遊企画等は行わないが、恒例の《小樽運河》と《JR余市駅前》のライトアップを行います。


IMG10506

《ライトアップ》は‥小樽運河を《青の運河》として青色の発光ダイオード(LED)電球を1万個で装飾、JR余市駅前はウイスキーをイメージした《こはく色》のLED電球約8000個で温かみの雰囲気を演出します。

《点灯時間》は‥

《小樽運河》日没から午後10:30迄

《余市駅前》午後4時から午後10時迄

初日の点灯式は今年も中止、《運河プラザ》の《🍷ワイングラスタワー》は今年も設置、閉館後にタワー🗼前のスペースをライブ等のオンライン配信会場として貸し出す事も検討します。

img_7_m-1img_8_m-1img_9_m

ワイングラスタワー🗼

また1年後❕に届く《冬の便り❕》ポストカードを約1万枚配布して、《運河プラザ》と《余市の観光案内所》の《専用ポスト📮》に投函❕すると来年11月頃に届き、ポストカードが《割引クーポン》として使える予定です。




一部記事引用:北海道新聞

【🐻👍🎵今日の1曲🎵】

🎵『Stairway To Heaven ã€(天国への階段)    SHII


Led Zeppelinのカバー曲です。





🐻👍SHII さんについて…🌟🌟🌟

🐻🔎(検索❕)【SHII ã•ã‚“のYouTube❕❕】

🐻🔎(検索❕)【SHII ã•ã‚“のTwitter❕(SHII â€•åŒ—海道~)】

 ðŸ»ðŸ”Ž(検索❕)【SHII さんのAmebaブログ❕(SHII â€•åŒ—海道~)】

🐻🔎(検索❕)(特集記事❕)【SHII â•â•ã€‘



《🐻北海道人気ブログランキング❕と北海道にほんブログ村❕に参加しています🎵良ければ👍クリックをお願いします🙇⤵》



北海道人気ブログランキング


《🐻→🙇ブログランキング🎵のフォロー🎵もよろしくお願いします🙇⤵》


にほんブログ村 にほんブログ村へ

北海道にほんブログ村

(🐶ぶん公🎵にクリック👍をお願いします🙇⤵)

《🐻→🙇ブログ村のフォローもよろしくお願いします🎵》

後志が1番❗❗❗【livedoor】 - にほんブログ村


《🐻御覧頂きありがとうございます🎵🐻➡🙇⤵》













このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
sintomi1 at 13:50|Permalink│Comments(0)