猫の保護活動

2021年11月28日

🐻小樽のボランティア《銭函キャッツアイ》が市内で猫の譲渡会❕&岩内では企画展開催❕《木田金次郎美術館》

🐻✋飼育放棄された猫を保護する小樽のボランティアグループ《銭函Cats-eye(キャッツアイ)》は11月21日、猫🐱の新しい飼い主を探す《譲渡会》を小樽市内のカフェで初めて開きました。


IMG00938_(1)~2_(1)20211124_000652
譲渡会の猫🐱たち(下)の画像は銭函Cats-eyeさんのTwitterより

グループ《銭函Catseye》は‥2年前から《猫🐱の保護活動❕》を実施、現在はメンバー8人が分担して世話をしたり、不妊・去勢手術やワクチン接種を受けさせたりしています。

譲渡の対象は‥会場に連れてきた8匹とオンラインで紹介する3匹の計11匹の猫です。

会場には‥多くの小樽や札幌市民等が訪れて、10匹の猫🐱が新たな飼い主に決まりました。


IMG00939~2

グループCats-eyeの滝公恵代表(67歳)は‥『譲渡会等の活動を通して、市民に猫の適正飼育の大切さを発信していきたい』と話しています。

《保護猫》が多く集まれば、今後も譲渡会を開く予定です。

《開催告知❕》や《日々の活動❕》は‥グループのFacebookやTwitterで発信します。

🐻🔎(検索❕)【銭函Cats-eyeのTwitter❕ â•ã€‘


🐻🔎(検索❕)【銭函Cats-eyeのFacebook❕】



🐻👍【岩内では企画展開催❕《木田金次郎美術館》】

岩内町の画家木田金次郎(1893~1962年)が冬季に室内で描いた静物画を中心に77点を展示する企画展が、岩内町万代の木田金次郎美術館で開かれている。


1a5a89966cf274a5ad7f6a97e7ba3188
木田金次郎が室内で制作した静物画を中心に展示する企画展

同館は「風景画のイメージが強い木田のもう一つの魅力を知ってほしい」と来場を呼びかける。同館によると、自分が見た風景だけを描く“現場主義”を貫いていた木田は、寒さの厳しい冬になると室内での制作が中心になった。

企画展ではバラ、アネモネ、ボタンといった花やリンゴなどを、さまざまな構図や色合いで描いた作品が並ぶほか、晩秋の新雪や早春の残雪を描いた風景画なども楽しめる。

会期は来年6月26日迄だが、今年12月1日~来年3月31日は冬季休館します。

観覧料は一般600円、高校生以下無料、

記事の一部引用:銭函Catseye、北海道新聞


 

🐻👍『今日の1曲🎵』


🎵『save me』 Chiru


🐻👍Chiru さんの曲🎵です🎵
IMG_20201026_005024
🐻👍Chiru さんのsingle『Raison d'être』  ãŒ2月末に発売❕されました。

🐻👍chiru ã•ã‚“について…

🌟【HP】

🌟【YouTube】

🌟【Twitter】

🐻🔎《Amebaブログ(雨音の記憶)》

 ðŸ»ðŸ”Ž(検索❕)(特集記事❕)【Chiru â•ã€‘

http://sintomi1.livedoor.blog/archives/24634490.html




《🐻北海道人気ブログランキング❕と北海道にほんブログ村❕に参加しています🎵良ければ👍クリックをお願いします🙇⤵》



北海道人気ブログランキング


《🐻→🙇ブログランキング🎵のフォロー🎵もよろしくお願いします🙇⤵》


にほんブログ村 にほんブログ村へ

北海道にほんブログ村

(🐶ぶん公🎵にクリック👍をお願いします🙇⤵)

《🐻→🙇ブログ村のフォローもよろしくお願いします🎵》

後志が1番❗❗❗【livedoor】 - にほんブログ村


《🐻御覧頂きありがとうございます🎵🐻➡🙇⤵》









このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
sintomi1 at 00:50|Permalink│Comments(0)